accc のすべての投稿

基幹ネットワークの停止に伴う一時的な利用停止について

2021年9月26日(日)11時 – 12時に,基幹ネットワークがメンテナンスにより10分程度停止することがあります.

基幹ネットワークメンテナンスに伴うネットワーク停止に関して
https://www.cc.tsukuba.ac.jp/wp/network-mainte-20210926/

これに伴い,全学計算機システムでも,この時間帯にネットワークを用いたサービス
(リモートデスクトップ,SSHサーバ,Webサーバによるサービス,メール送受信を含む)
が利用できなくなる可能性があります.
この時間帯の全学計算機システムの利用は避けて下さい.

全学計算機システムからのFlash Playerのアンインストールについて

Adobe社のFlash Playerは2020年12月31日をもってサポートを終了します.

Adobe Flash Playerサポート終了情報ページ
https://www.adobe.com/jp/products/flashplayer/end-of-life.html

これに伴い,12月中に全学計算機システムからFlash Playerをアンインストールします.
つきましては,授業等でFlash Playerを使っているユーザは,事前に他のアプリケーションを使うように切り替えておくなどの対策を実施して下さい.

メールシステムの障害について

2020年8月27日の21:55から23:08まで,全学計算機システムのメールサーバに
障害が発生し,この時間帯にメールの送受信ができなかった可能性があります.
現在は復旧しています.
ユーザの皆様にご迷惑をおかけして大変申し訳ありません.

サテライト端末室の運用について

8 月26 日(水)から,学術情報メディアセンターのサテライト端末室のみ,端末の利用を再開します.
現在案内可能な詳細は以下の通りです.

・開室時間:9:00 – 15:00
・換気,キーボードやマウスの消毒,利用者間の距離の確保などの監視、指導担当者を常時配置します.

学術情報メディアセンターのサテライト端末室では10 月以降もこの体制を継続します.
秋学期開講の学群1 年生 の必修科目「データサイエンス」受講生など,授業等でPC 端末を利用する学生のうち,在宅でPC の利用環境がない学生向けの端末利用機会も確保します.

参考:6 月22 日より,学内の一部のサテライト(端末室)では,プリンタの利用のみ可能な形で開室しています. 利用可能時間帯等は以下からご確認ください.
https://www.u.tsukuba.ac.jp/satellites_status/

リモートデスクトップサービスの接続制限について

オンライン授業のため、リモートデスクトップサービスを利用する ユーザが増えていますが、本サービスはオンライン授業での使用を想定していませんでした。
このため、同時に 30 ユーザ程度が接続して使用すると、サーバ負荷が増大して使用が困難になったり、サインイン ができない状態になったりします。

(上図はリモートデスクトップサーバに接続できなかった際のエラー画面です)
これを回避するために次をご検討ください。

* 必要なソフトウェアについて、リモートデスクトップサービス以外で利用可能かを確認する

本学で契約をしているライセンスソフトウェアは個人の PC 等へ インストール可能なものがあります。
この場合はリモートデスク トップサービスへの接続ではなく、個人の PC 上で作業をするよう に切り替えてください。個人でも使用可能なソフトウェアについては以下を確認してください。

学生が利用可能な計算機環境およびソフトウェア等について

 

教員の皆様へ: リモートデスクトップをオンライン授業等で学生に使わせる必要がある場合、同時に接続する数がなるべく少なくてすむようご配慮ください。
詳しくは
https://www.cc.tsukuba.ac.jp/wp/remote-lecture-portal/online_resource/
をご参照ください。

Windows リモートデスクトップからの外向きTCP25 番ポートの通信の遮断について

セキュリティ向上のために、2020年4月24日(金)より、全学計算機システムの
Windows リモートデスクトップからの外向きTCP25 番ポートの通信を遮断します。
現在では、この通信の多くは不正アクセスであり、この遮断によるOS や
アプリケーションへの影響はほぼありません。

新型コロナウィルス感染拡大防止のための全学計算機システム サテライト端末室閉鎖について

新型コロナウィルス感染拡大防止のため,下記の期間,全学計算機システムのサテライト端末室を閉鎖します。
この期間,カードキーを用いた入退出管理を行っているサテライト端末室には入室することができません。
皆様のご理解ご協力を頂けますよう,お願い致します。

———————————————————————
全学計算機システムサテライト端末室閉鎖期間
2020年4月20日 12:00 から 2020年5月11日 9:00 まで
———————————————————————
※ 上記の期間は変更されることがあります。
期間の変更につきましては,学術情報メディアセンターおよび全学計算機システムのウェブページにて告知いたします。

 

基幹ネットワーク装置メンテナンス(2/18(月))による全学計算機システムへの影響について

2 月18 日(月)に実施される基幹ネットワーク装置のメンテナンス作業により、全学計算機システムに以下の影響が生じることがあります。詳細については、基幹ネットワーク装置のメンテナンスについて(通信断あり、時間変更)(2/18)をご覧ください。

影響:

  • 全学計算機システムからインターネットに接続できない
  • 全学計算機システムのメールシステム、Web サーバ、リモートアクセスサービスが使えない
  • 中央図書館3, 4, 5 階, 東京地区にあるサテライト端末が使えない

メールソフトウェアからのメールシステムの使用に対するセキュリティ強化について

メールソフトウェア(PC やスマートフォンのメール用アプリケーション)からの全学計算機システムのメールシステムの使用に対して、セキュリティを強化する機構を導入します。
その機構はすでに Active! mail には導入されていますが、加えて、メールソフトウェアからの使用にも導入します。
対象は、後半が@u.tsukuba.ac.jp であるメールアドレスです。導入される機構と日付は次の通りです。

導入機構: 5 回連続で接続に失敗すると10 分間接続できなくなる
導入日: 2018 年12 月16 日(日)

この機構によってメールソフトウェアからの接続ができなくなった場合でも、Active! mail からメールを使うことはできます。ただし、Active! mail でも、5 回連続でログインに失敗すると10 分間接続できなくなります。

この機構は、後半が @s.tsukuba.ac.jp の(Office 365の)メールアドレスには影響しません。

ホーム容量とメール容量の上限の変更について

2018 年9 月24 日より、全学計算機システムのホーム容量と @u アドレスのメール容量の上限を上げました。
ホーム容量の上限は今までの 2GB から 5GB になりました。
ホーム容量の増量申請後の上限は今までの 5GB から 10GB になりました。
@u アドレスのメール容量の上限は今までの 3GB から 5GB になりました。

@s.tsukuba.ac.jp のログインエラーについて(復旧しました)

2018/9/21 15:30 頃、障害は復旧しました。

全学計算機システムのユーザーアカウントのうち「@s.tsukuba.ac.jp 」(2017 年度以降入学者)アカウントで●Office365 メールにログインできない(ユーザー名またはパスワードが違います。もう一度入力してくださいと表示される)
●サテライト室端末でログインできない
障害が発生しています。

原因は調査中です。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

長時間実行されているプログラムの強制終了について

全学計算機システムの Linux(Ubuntu)のサーバ
(ubuntu.u.tsukuba.ac.jp と icho.u.tsukuba.ac.jp)で長時間実行されているプログラムを強制終了させる処理の実行を、2018 年1 0月1 日より開始します。
この処理は、2 週間以上実行されている(2 週間分以上のCPU 時間を消費している)プログラムを対象に、強制終了させることがあります。

@u.tsukuba.ac.jp からのメール送信の障害について(復旧しました)

7/22(日)のメールサーバの設定変更について問題があったため、7月22日(日)午前11:00から7月23日(月)午前10:20まで、@u.tsukuba.ac.jp の一部のユーザがメールの送信に失敗していました。ご迷惑をおかけしました。
その時間帯には、メールソフトウェアに対してメールサーバからエラーが返されていました。影響があったのはメールの送信のみであり、メールの受信には影響はありませんでした。
メールサーバの設定変更については、再確認を行い、実施時期を再度アナウンスします。

端末の強制的な再起動について

全学計算機システムの端末では、起動してからディスクに書き込んだデータの総量が一定量を超えると、「まもなくキャッシュ領域が満杯になります・・・」というポップアップが表示された後に、強制的に再起動が行われます。
ユーザがアプリケーションを実行しなくても、OS や常駐プログラムが多くのディスク書き込みを行った結果、再起動が発生する場合があります。
この問題の解決には継続的に取り組んでいますが、現在はまだ有効な対策を見つけられていません。

6 月度の定期保守について (6/24 (日))

期間: 2018 年 6 月 24 日(日) 09:00 – 20:00

1. サーバ、CGI サーバ、 Unix サーバ
10:00 – 15:00 のうち、数分停止します。

2. ライセンス管理サーバ
10:30 – 15:00 のうち、30 分程度利用できません。

ライセンス管理サーバ停止中は下記のアプリケーションが利用できません。
– AutCAD
– Mathematica
– SPSS
– Matlab
– ArcGIS Desktop
備考:
学内サイトライセンスで、全学システム以外の PC へインストールしている SPSS、ArcGIS、Mathematica(Comprehensive 版) も上記作業時間は使用できません。

3. 印刷機能、オンデマンド端末
10:00 – 20:00 のうち、1台毎に120分程利用できないタイミングがあります。

なお、下記のオンデマンド端末については、別途平日に定期保守作業を実施します。
▼6月25日(月)
– 08:30-10:30 BK454-o001 (東京サテライト)
– 10:30-12:30 LOBRR-o001 (大塚図書館)
– 13:00-16:00 3L504-o001、3L504-o002 (3Lサテライト)
▼6月27日(水)
– 09:00-11:00 8B201-o001 (文修サテライト)
– 13:00-16:00 3K203-o001、3K203-o002 (3Kサテライト)

4. リモートデスクトップサーバ
10:00 – 18:00 の間、利用できません。

備考:
作業開始時にリモートデスクトップをご利用中の場合、ポップアップメッセージにてログオフをお願いしますので、ご協力ください。
10 分程度経ってもログオフされていない場合は、システム側にてログオフしますので、あらかじめご了承ください。