研究業績

著書


後悔を活かす心理学 表紙
  上市秀雄 (2022).
   「後悔を活かす心理学:成長と成功を導く意思決定と対処法」
   中公新書.271p
   


応用心理学ハンドブック表紙
  上市秀雄 (2022).
   Topic 15 意思決定における後悔のもつ適応的機能
   日本応用心理学会「応用心理学ハンドブック」 
   福村出版.(分担2ページ)

「産業・組織心理学講座 第5巻」表紙   上市秀雄 (2019).
   消費者の購買意思決定過程(3章) 
   永野光朗(編)「産業・組織心理学講座 第5巻 消費者行動の心理学」
   北大路書房.pp.31-47.

「災害・危機と人間―発達科学ハンドブック7」表紙   上市秀雄・楠見孝 (2013).
   リスク認知(16章) 
   矢守克也・前川あさ美(編著)「災害・危機と人間―発達科学ハンドブック7」
   新曜社, pp.165-172.

「リスクの社会心理学」表紙   上市秀雄 (2012).
   リスク認知の個人差(4章) 
   中谷内一也 (編著) 「リスクの社会心理学:人間の理解と信頼の構築に向けて」
   有斐閣, pp.69-85.

「犯罪と市民の心理学」表紙   上市秀雄 (2011).
   裁判員制度と心理学(10章) 
   小俣謙二・島田貴仁(編著)「犯罪と市民の心理学:犯罪リスクに社会はどうかかわるか」
   北大路書房, pp.214-231.

「健康リスク・コミュニケーションの手引き」表紙   楠見孝・上市秀雄 (2009).
   人は健康リスクをどのようにみているか(4章) 
   吉川肇子 (編著)「健康リスク・コミュニケーションの手引き」
   ナカニシヤ出版, pp.96-115.

「個人的リスク志向・回避行動の個人差を規定する要因の分析」表紙   上市秀雄 (2003).
   「個人的リスク志向・回避行動の個人差を規定する要因の分析」
   風間書房, 256p.
 

査読付き論文

Shuto, M., Kim, Y., Okuyama, K., Ouchi, K., [JCR 2020 Impact Factor=3.452]
 Ueichi, H., Nnadi, C.,Larson, H. J., Perez, G. & Sasaki, S. (2021).
   Understanding confidence in the human papillomavirus vaccine in Japan:
   a web-based survey of mothers, female adolescents, and healthcare professionals
   Human Vaccines & Immunotherapeutics.[paper]
讃井知・上市秀雄 (2019).
   一般市民の更生支援に対する認知および参加意向の向上にむけた検討
   更生保護学研究. 15, 55-65. [paper]
上市秀雄・楠見孝 (2015).
   裁判員参加意向を規定する要因および意思決定プロセスの差異:制度施行前後の比較
   認知科学, 3, 326-340. [paper]
今井葉子・角谷拓・上市秀雄・高村典子 (2014).
   市民の生態系サービスへの認知が保全行動意図に及ぼす影響
   :全国アンケートを用いた社会心理学的分析.
   保全生態学研究, 15-26. [paper]
Ueichi, H., Kuriyama,N., Saito, T., & Kusumi, T. (2012).
   Effects of the Deliberate Decision-making Style on Career Decision-making Processes
   and Coping with Regret after High School.
   Psychologia: An International Journal of Psychological Sciences, 55, 28-44. [paper]
上市秀雄・楠見孝 (2010).
   裁判員制度に対する参加意向・要望に影響を及ぼす認知・感情要因の関連性
   :定職の有無による比較.
   認知心理学研究, 7(2), 89-101. [paper]
Ueichi, H., & Kusumi, T. (2008).
   Structural equation modeling of risk avoidance in everyday life.
   New Trends in Psychometrics: Universal Academic Press. pp. 491-500. [paper]
楠見孝・栗山直子・齊藤貴浩・上市秀雄 (2008).
   進路意思決定における認知・感情過程:高校から大学への追調査に基づく検討.
   キャリア教育研究, 26(1), 3-17.(註:著者順は執筆順) [paper]
上市秀雄・楠見孝 (2006).
   環境ホルモンのリスク認知と回避行動.
   認知科学, 13, 32-46. [paper]
上市秀雄・楠見孝 (2004).
   後悔の時間的変化と対処方法:意思決定スタイルと行動選択との関連性.
   心理学研究,74(6),487-495. [paper]
栗山直子・上市秀雄・齊藤貴浩・楠見孝 (2001).
   大学進学における進路決定方略を支える多重制約充足と類推.
   教育心理学研究,49(4),409-416.[paper]
上市秀雄・楠見孝 (2000).
   後悔がリスク志向・回避行動における意思決定に及ぼす影響
   :感情・パーソナリティ・認知要因のプロセスモデル.
   認知科学,7(2),139-151. [paper]
上市秀雄・楠見孝 (1998).
   損失状況におけるリスク行動の個人差を規定する要因:共分散構造分析法による検討.
   日本リスク研究学会誌,10(1),65-72. [paper]
上市秀雄・楠見孝 (1998).
   パーソナリティ・認知・状況要因がリスクテイキング行動に及ぼす効果.
   心理学研究,69(2),81-88. [paper]

一般論文・その他

上市秀雄 (2020).
   オンライン入試の実施と問題点. 応用心理学のクロスロード, 13号.
上市秀雄 (2013).
   どのようにリスクを伝えればよいか
   :よりよいリスクコミュニケーションのために必要なこと
   建築雑誌,128,12−13.[paper]
上市秀雄 (2008).
   意思決定から見たギャンブル行動.心理学ワールド, 41, 22-23. [paper]

国際会議

Shuto M, Kim Y, Fujimoto G, Ouchi K,
 Ueichi H, Nnadi C, Perez G, Larson H, & Sasaki S.(2019).
   Understanding confidence in human papillomavirus vaccine in Japan
   : A web-based questionnaire survey of mothers, female adolescents,
    and health care professionals.
   EUropean Research Organisation on Genital Infection and Neoplasia 2019
   (EUROGIN2019) (Monaco)
, P05-2.[abstract]
Ueichi, H. & Tuya, K. (2016).
   Factors influencing differences between useful and useless regret.
   31st International Congress of Psychology (ICP2016) (Yokohama, JPN),
   PS28A-12-98.poster[pdf]
Imai, Y., Ueichi, H., Takagawa, S., Kadoya, T., & Takamura, N. (2016).
   Effect of self-efficacy and social norms on behavioral intentions for nature conservation.
   31st International Congress of Psychology (ICP2016) (Yokohama, JPN),
   PS27A-11-131.poster[pdf]
Muromachi, Y., & Ueichi, H. (2016).
   The relationships between a metacognition scale and adaptive behavior in the regret
   situations: A comparison between junior high-school and university students.
   31st International Congress of Psychology (ICP2016) (Yokohama, JPN),
   PS27P-01-6.poster[pdf]
Sanai, S., & Ueichi, H. (2016).
   The relationship between quantity of information contact and public evaluation
   of volunteer probation officers to promote understanding
   for social reintegration support.
   31st International Congress of Psychology (ICP2016) (Yokohama, JPN), PS26A-01-24.
Oda, Y., Ueichi, H., & Kikuchi, K. (2016).
   Frequency of grooming the eyebrows and cosmetic consciousness in men.
   31st International Congress of Psychology (ICP2016) (Yokohama, JPN), PS25P-04-34.
Ukai, T., Hori, M., Hoshimoto, H., Ueichi, H., Kurata, H., & Okada, Y. (2013).
   Simulation of Outpatient Flow at the University of Tsukuba Hospital.
   The Decision Science Institute 2013 Annual Meeting (Baltimore, USA), 37.
Ueichi, H., & Oishi, M. (2008).
   The effects of coping methods on guilt over a period of time.
   International Journal of Psychology Abstracts of the 29th International Congress of
   Psychology (ICP2008)(Berlin),
43(3/4), 340. [pdf]
Ueichi, H., & Kusumi, T. (2007).
   Structural equation modeling of risk avoidance in everyday life. Abstracts of
   the 72nd Annual Meeting of the Psychometric Society(IMPS 2007) (Tokyo),
10.
Oda, Y., Kitazawa, M., & Ueichi, H. (2007).
   The construction of a model of skincare behavior in Japanese men by using structural
   equations. Abstracts of the 72nd Annual Meeting of the Psychometric Society
   (IMPS 2007) (Tokyo),
100.
Kuriyama, N., Saito, T., Ueichi, H., & Kusumi, T. (2004).
   Analogical decision making in career choice. The 28th International Congress of
   Psychology Abstract Book (ICP2004) (Beijing),
97.
Saito, T., Ueichi, H., Kuriyama, N., & Kusumi, T. (2004).
   Generated gaps between students' expectation and satisfaction for their universities.
   The 28th International Congress of Psychology Abstract Book (ICP2004) (Beijing),205.
Saito, T., Ueichi, H., Kuriyama, N., & Kusumi, T. (2003).
   Research on the gaps between students' expectation and satisfaction for universities.
   Proceedings in the South East Asian Association for Institutional Research 2003
   Conference (Bangkok, Thailand, October 2003),
23.
Kuriyama, N., Ueichi, H., Saito, T., & Kusumi, T. (2002).
   Compromise and constraint satisfaction in academic career decision making:
   Finding value of the university before and after admission.
   Annual Meeting of Society of Judgment & Decision Making
    (Kansas City, USA, November 2002),
43.
Nakagawa, M., Terai A., Ueichi, H., & Yajima, M. (2002).
   The neural networks model of decision-making including feedback processes.
   Proceedings of the Sixth International Conference on Cognitive and Neural Systems
   (Boston University),
#22.
Ueichi, H., & Kusumi, T.(1999).
   Change of decision-making processes in repeated risk-taking behavior in a complex
   dynamic situation.
   Proceedings of the 2nd International Conference on Cognitive Science
   and the 16th Annual Meeting of the Japanese Cognitive Science Society
   Joint Conference (ICCS/JCSS99) (Tokyo),
946-949. [pdf]

学会発表

上市秀雄・織田弥生・室町祐輔 (2022).
   活かすことができた後悔と活かすことができなかった後悔の特徴
   日本心理学会第86回大会発表論文集.2AM-049-PL. paper[pdf] poster[pdf]
謝雨婕・上市秀雄 (2022).
   中学生の達成目標志向が学業成績に影響を及ぼすプロセス
   ー社会的比較感情・行動を媒介にしてー
   日本心理学会第86回大会発表論文集.1AM-079-PP. poster[pdf]
呉媛靖・上市秀雄 (2022).
   中国人大学生におけるダイエット行動に関連する心理・社会的要因についての検討
   日本心理学会第86回大会発表論文集.2EV-071-PR. poster[pdf]
上市秀雄・松川夏武・石渡崇晶 (2021).
   大学生における情報、同調、認知要因がCOVID 19 感染予防行動意図に及ぼす影響
   日本心理学会第85回大会発表論文集.PL-002. poster[pdf]
石渡崇晶・上市秀雄 (2021).
   予期後悔傾向と新型コロナウイルス感染予防行動の関連性の検討
   日本心理学会第85回大会発表論文集.PL-013. poster[pdf]
草野颯太・上市秀雄 (2021).
   マンガ作品の選好に影響を与える要因の調査:マンガ制作経験者を対象として
   日本心理学会第85回大会発表論文集.PC-060. poster[pdf]
尾内一信・上市秀雄・首藤道子・金英珠・奥山ことば・佐々木津 (2021).
   Vaccine confidence survey in Japan:日本におけるHPVワクチンの信頼性に関する
   母親、思春期女性、医療従事者(HCP)を対象としたWeb調査
   第95回日本感染症学会学術講演会・第69回日本化学療法学会総会 合同学会.O-131.
上市秀雄・讃井知・楠見孝 (2020).
   犯罪および刑事司法に対する認知・感情要因の変化:2007年と2020年の比較
   日本心理学会第84回大会発表論文集.PE-019. poster[pdf]
石渡崇晶・室町祐輔・上市秀雄 (2020).
   メタ認知がリスク志向・回避行動の意思決定プロセスに与える影響
   日本心理学会第84回大会発表論文集.PL-016. poster[pdf]
   【特別優秀発表賞受賞】

鈴木大喜・上市秀雄 (2020).
   保育士の保育の質に係る要因の検討:バーンアウト傾向、勤続年数に着目して
   日本心理学会第84回大会発表論文集.PC-116. poster[pdf]
   【優秀発表賞受賞】

室町祐輔・上市秀雄 (2020).
   中学校における金融教育の実践後の金融・経済意識
   日本心理学会第84回大会発表論文集.PP-086. poster[pdf]
讃井知・上市秀雄 (2020).
   刑事司法に対する一般市民の認知と関与意図
   日本心理学会第84回大会発表論文集.PC-064. poster[pdf]
織田弥生・永岑光恵・上市秀雄・菊地賢一 (2020).
   日常的なストレス変化とコルチゾールリズムの変化の関連の検討
   :4週間後、8週間後の変化
   日本心理学会第84回大会発表論文集.PM-023. poster[pdf]
讃井知・上市秀雄 (2019).
   加害者の処遇に対する有効性認知と更生支援活動参加意向の関係
   日本社会心理学会第60回大会発表論文集.O1403. 抄録[pdf] poster[pdf]
石渡崇晶・上市秀雄 (2019).
   店頭販売員における適応的熟達を果たす接客業務の質的分析
   :販売員・顧客の特性と周囲の状況要因に着目して
   産業・組織心理学会第35回大会発表論文集.P08. 抄録[pdf] poster[pdf]
上市秀雄・謝婧雅 (2019).
   HPV ワクチン接種行動意図に影響を及ぼす認知・感情的要因
   日本心理学会第83回大会発表論文集.2AM-065. 抄録[pdf] poster[pdf]
上市秀雄・呉麗敏 (2018).
   中国人留学生の留学意識が進路決定に及ぼす影響について
   :日本の私費中国人留学生に対する調査に基づく検討
   日本心理学会第82回大会発表論文集.1AM-088. 抄録[pdf] poster[pdf]
上市秀雄・渡辺涼介・織田弥生・岡田幸彦 (2017).
   販売員の対応および接客タイミングが販売員・店舗評価や購買意図に及ぼす影響
   日本心理学会第81回大会発表論文集.2B-060. 抄録[pdf] poster[pdf]
讃井知・上市秀雄・楠見孝 (2017).
   一般市民の更生支援に対する認識:性別,未婚・既婚,子供の有無に着目して
   日本心理学会第81回大会発表論文集.2C-007. 抄録[pdf]
上市秀雄・楠見孝 (2015).
   裁判員参加意向と死刑制度賛否に及ぼす知識,態度,能力認知の影響
   :裁判員裁判制度の認知(2)
   日本心理学会第79回大会発表論文集.2PM-096. 抄録[pdf] poster[pdf]
楠見孝・上市秀雄 (2015).
   裁判員裁判における裁判官,自己,他者の能力認知の規定要因
   :裁判員裁判制度の認知(1)
   日本心理学会第79回大会発表論文集.2PM-095. 抄録[pdf]
讃井知・上市秀雄 (2015).
   更生支援活動の受け入れ態度に影響を及ぼす 感情・認知要因
   日本心理学会第79回大会発表論文集.2AM-053. 抄録[pdf] poster[pdf]
室町祐輔・上市秀雄 (2015).
   メタ認知尺度作成の試み
   日本心理学会第79回大会発表論文集.1PM-101. 抄録[pdf] poster[pdf]
今井葉子・上市秀雄・角谷拓・高村典子 (2014).
   社会的規範が市民の環境保全行動に及ぼす影響:Webアンケートを用いた分析
   「野生生物と社会」学会第20回大会.P-7.[LINK]
   【ポスター賞受賞】

上市秀雄・関沢洋一 (2014).
   後悔喚起コミュニケーションが意思決定に及ぼす影響
   日本心理学会第78回大会発表論文集.2AM-1-097. 抄録[pdf] poster[pdf]
織田弥生・上市秀雄・菊地賢一 (2014).
   慢性ストレスの変化がコルチゾールリズムに与える影響:個人内変化による検討
   日本心理学会第78回大会発表論文集.1AM-2-006. 抄録[pdf]
室町祐輔・上市秀雄 (2014).
   後悔対処メタ認知が後悔・対処法・適応的行動に及ぼす影響
   日本心理学会第78回大会発表論文集.1EV-1-099. 抄録[pdf] poster[pdf]
   【日本心理学会学術大会優秀発表賞受賞】

今井葉子・角谷拓・竹中明夫・上市秀雄・高村典子 (2014).
   一般市民の生態系サービスの認知に影響を与える要因の検討
   :幼少期の自然環境および生き物の選好に着目して
   日本生態学会第61回全国大会.[LINK]
上市秀雄・三浦広大・岡田幸彦 (2013).
   逆紹介された患者の転院受諾に感情・認知要因が及ぼす影響
   日本心理学会第77回大会発表論文集,164. 抄録[pdf]poster[pdf]
織田弥生・上市秀雄・菊地賢一 (2013).
   メーキャップとスキンケアに関する意識の男女比較
   日本心理学会第77回大会発表論文集,158. 抄録[pdf]
今井葉子・角谷拓・上市秀雄・高村典子 (2013).
   生態系サービスの認知が保全の行動意図におよぼす影響:社会心理学からのアプローチ
   日本生態学会第60回全国大会,323.[LINK]
上市秀雄・通谷研志 (2012).
   後悔を生かすためには何が必要か?
   日本心理学会第76回大会発表論文集,829. 抄録[pdf]poster[pdf]
上市秀雄 (2011).
   後悔予期尺度作成の試み.
   日本心理学会第75回大会発表論文集,859. 抄録[pdf]poster[pdf]
上市秀雄・楠見孝 (2010).
   後悔尺度日本語版作成の試み.
   日本心理学会第74回大会発表論文集,884. 抄録[pdf]poster[pdf]
上市秀雄・星野香那 (2009).
   犯罪被害者の被害感情低減のための方法
   :大学生の被害内容と精神的被害に対する対応と対処.
   日本心理学会第73回大会発表論文集,466. [pdf]
栗山直子・寺井あすか・織田弥生・楠見孝・上市秀雄 (2009).
   犯罪被害経験の想起が防犯意識の変化に及ぼす影響
   :直接的被害体験と間接的被害体験の比較.日本心理学会第73回大会発表論文集,465.
上市秀雄・楠見孝 (2008).
   裁判員制度に対する認知・感情が参加意向に及ぼす影響,
   日本心理学会第72回大会発表論文集,433. [pdf]
楠見孝・上市秀雄 (2008).
   意思決定スタイルの個人差の構造:衝動型―熟慮型と後悔の関係.
   日本心理学会第72回大会発表論文集,930.
栗山直子・齊藤貴浩・上市秀雄・楠見孝 (2008).
   高校生の進路意思決定に及ぼす学業成績の自己評価の影響.
   日本教育心理学会第50回大会発表論文集,758.
上市秀雄・楠見孝 (2007).
   犯罪不安がリスク認知,対処行動,司法行政評価に及ぼす影響.
   日本心理学会第71回大会発表論文集,397.
楠見孝・齊藤貴浩・上市秀雄・栗山直子 (2006).
   進路意思決定における認知感情過程:高校から大学への追調査に基づく検討.
   日本キャリア教育学会第28回研究大会, 158-159.
上市秀雄・楠見孝(2006).
   生活リスク認知と対処行動
   :ニート,多重債務,生活習慣病に関する大学生の意識調査.
   日本心理学会第70回大会発表論文集,945. [pdf]
上市秀雄・高橋由直 (2005).
   意思決定スタイルや選択コストが感情の時間的変化に及ぼす影響.
   日本心理学会第69回大会発表論文集,917. [抄録] [poster]
栗山直子・齊藤貴浩・上市秀雄・楠見孝 (2004).
   高校生の進路決定方略に及ぼす行動様式.
   日本教育心理学会第46回総会発表論文集,413.
齊藤貴浩・上市秀雄・栗山直子・楠見孝 (2004).
   進路意思決定における重視する条件の変化.
   日本教育心理学会第46回総会発表論文集,414.
上市秀雄・栗山直子・齊藤貴浩・楠見孝 (2003).
   高校生の進路意思決定の継続調査2:進路決定後の後悔および後悔対処に関する検討.
   日本教育心理学会第45回総会発表論文集,594.
栗山直子・齊藤貴浩・上市秀雄・楠見孝 (2003).
   高校生の進路意思決定の継続調査3
   :進路選択の最終決定に関する定量的分析・定性的分析.
   日本教育心理学会第45回総会発表論文集,595.
上市秀雄・楠見孝 (2003).
   環境ホルモンのリスク認知プロセス:批判的思考態度と知識が対処行動に及ぼす効果.
   日本心理学会第67回大会発表論文集,901.
寺井あすか・上市秀雄・中川正宣 (2003).
   意思決定の反復によるフィードバック的な心理処理の変化.
   日本認知科学会第20回大会,66-67.
齊藤貴浩・上市秀雄・栗山直子・楠見孝 (2003).
   高校生の進路意思決定の継続調査1:進学者の事前期待と満足に関する検討.
   日本教育心理学会第45回総会発表論文集,593.
楊子明・上市秀雄・深町珠由・中川正宣 (2003).
   意思決定における認知構造の日中比較研究:IT プロジェクトマネジメントの現場調査.
   プロジェクトマネジメント学会研究発表大会予稿集,225-231.
齊藤貴浩・上市秀雄・栗山直子・楠見孝 (2002).
   高等教育進学者の期待と満足に関する検討,
   日本教育工学会第18回大会講演論文集,453-454.
上市秀雄・栗山直子・齊藤貴浩・楠見孝 (2002).
   受験勉強法選択に基づく知識獲得量,合格可能性の推定
   :高校生の進路決定における意思決定(5).
   日本教育心理学会第44回総会発表論文集,412.
上市秀雄・楠見孝 (2002).
   後悔への対処法と時間的変化:日常経験の調査に基づく検討,
   日本心理学会第66回大会発表論文集,832.
栗山直子・上市秀雄・齊藤貴浩・楠見孝 (2002).
   類推使用の違いにおける将来の展望と制約条件の関連
   :高校生の進路決定における意思決定(4).
   日本教育心理学会第44回総会発表論文集,411.
矢島基充・上市秀雄・寺井あすか・中川正宣・楠見孝 (2002).
   意思決定後の判断にパーソナリティが及ぼす影響:リスクテイクにおける
   フィードバック過程の検討.日本認知科学会第19回大会発表論文集,186-187.
寺井あすか・矢島基充・上市秀雄・中川正宣 (2002).
   ニューラルネットワークモデル:オンライン実験データに基づくモデル構成.
   日本認知科学会第19回大会発表論文集,176-177.
上市秀雄・楠見孝 (2001).
   後悔の想起に及ぼす意思決定スタイルと行動の影響
   :実際に経験した後悔の時間的変化と内容の検討.日本心理学会第65回大会,474.
上市秀雄・栗山直子・齊藤貴浩・楠見孝 (2001).
   高校生の進路選択における意思決定(3):意思決定スタイル,方略,
   期待が受験高決定に及ぼす影響.日本教育心理学会第43回総会,358.
栗山直子・上市秀雄・齊藤貴浩・楠見孝 (2001).
   高校生の進路選択における意思決定(2):多重制約充足と類推に基づく
   進路決定モデルの信頼性,日本教育心理学会第43回総会,357.
栗山直子・上市秀雄・齊藤貴浩・楠見孝 (2000).
   高校生の進路選択における意思決定:類推と多重制約充足による意思決定.
   日本教育心理学会第42回総会,158.
上市秀雄・楠見孝 (2000).
   後悔の時間的変化と回復方法.日本心理学会第64回大会,811.
上市秀雄・楠見孝 (1998).
   リスク志向・回避行動に及ぼす後悔の効果
   :Big Five,不安感,リスク帰属等による個人差要因の検討.
   日本心理学会第62回大会,900.
上市秀雄・楠見孝 (1996).
   損失状況におけるリスク行動の個人差,
   日本リスク研究学会第9回研究発表会,143-148.
上市秀雄・楠見孝 (1996).
   リスクテイキング行動における個人差の構造
   :パーソナリティ要因と状況要因の因果モデルの構成.日本心理学会第60回大会,830.

講演・シンポジウム・ワークショップ

上市秀雄(指定討論者) (2021).
   日本応用心理学会公開シンポジウム2021
   「カスタマーハラスメント:心理学的アプローチの可能性を探る」
   (タイトル:心理学でできていること、足りないこと、応用の可能性)[pdf]
上市秀雄(話題提供者) (2012).
   がんと心理学(1):意思決定研究の現場への応用について
   日本心理学会第76回大会発表論文集,WS(23).
   (発表タイトル:意思決定に及ぼす感情について)[pdf]
上市秀雄(話題提供者) (2010).
   犯罪心理学の研究対象としての市民:犯罪研究の新たな展開を目指して.
   日本心理学会第74回大会発表論文集,WS30.
   (発表タイトル:裁判員制度と心理学)[pdf]

上市秀雄(話題提供者) (2010).
   意思決定スタイル,思考スタイルの個人差と測定.
   日本心理学会第74回大会発表論文集,WS49. [pdf]
上市秀雄(指定討論者) (2006).
   犯罪不安研究の最前線:現代の犯罪不安の実情と問題点の再考.
   日本心理学会第70回大会発表論文集,W117.
上市秀雄(話題提供者) (2005).
   進路意思決定における認知・感情過程.日本心理学会第69回大会,W10.
上市秀雄(話題提供者) (2004).
   意思決定研究の新しい動向:既存のパラダイムを超えて.
   日本心理学会第68回大会,W24.
上市秀雄(小講演) (2002).
   個人的リスク志向・回避行動の個人差を規定する要因の分析.
   日本心理学会第65回大会,S22.

報告書

上市秀雄 (2011).
   平成19-22年度科学研究費補助金 基盤研究(C)研究報告書
   「犯罪不安に関する認知・感情プロセスのモデル化とその応用」
   (研究代表者:上市秀雄.課題番号:19539553). [pdf]
上市秀雄 (2007).
   平成15-18年度科学研究費補助金 基盤研究(C)研究報告書
   「逸脱行動が生起するプロセスと矯正方法に関する研究」
   (研究代表者:上市秀雄.課題番号:15530398). [pdf]
上市秀雄 (2006).
   意思決定スタイルが高校生の進路決定と進学後の感情に及ぼす影響.
   平成14-17年度科学研究費補助金 基盤研究(B)研究報告書
   「進路意思決定における認知・感情過程のモデル化」
   (研究代表者:楠見孝.課題番号:14310058).
楠見孝・上市秀雄・平山るみ (2005).
   内分泌攪乱物質のリスク認知過程と個人差.
   平成16年度厚生労働科学研究費補助金 化学物質リスク研究事業
   「内分泌攪乱物質のリスクコミュニケーションに関する研究」
    (H14−食品・化学−19) (主任研究者:吉川肇子),80-109.
楠見孝・上市秀雄・平山るみ (2004).
   内分泌攪乱物質のリスク認知過程と批判的思考態度.
   平成15年度厚生労働科学研究費補助金 化学物質リスク研究事業
   「内分泌攪乱物質のリスクコミュニケーションに関する研究」
   (H14−食品・化学−19)(主任研究者:吉川肇子),52-70.
上市秀雄 (2004).
   PartT危機回避を目的とした手法の検討
   ―5:パーソナリティ・認知要因が危機的状況における行動に及ぼす影響.
   「宇宙医学分野におけるヒューマンファクター研究に関わる調査成果報告書」
   (研究代表者:金吉晴), 宇宙航空研究開発機構,45-49.

Since April 5, 2009