top _pictureホームメンバー研究活動卒業後の進路アクセスリンクEnglish

はじめに

 筑波大学森林生態環境学研究室(旧育林学・自然保護学研究室)では,生物と環境との関わりを中心に研究しています。フィールドワークを通じていろいろな生き物の生態を知り,そこに生物が存在する理由を考え,自然を理解する力を身につけることができます。研究フィールドは幅広く,森林,草原,沙漠を対象に国内外で研究活動を行なっています。

青森,十二湖のブナ林にて(川田撮影)

ニュース(2020.09.07更新)

 植生学会オンライン大会が11月15日(日)に開催します.参加費無料なので積極的に参加(発表)しましょう!New!!

 新型コロナウィルスの影響を受けて,研究室訪問をお断りしています.メールでの問い合わせは受け付けています.New!!

更新情報(2020.09.07更新)

 上條教授がNHKブラタモリ「伊豆大島~なぜ伊豆大島といえば“アンコ椿”!?~」の取材協力をしました(2020.07.18).

 HPをセキュア対応し,アドレスを変更しました(2020.07.17).

 春学期のオンラインゼミが終わりました(2020.07.07).

 オンラインゼミの練習を行いました(2020.04.14).

 津村教授が森林遺伝育種会長に就任しました(2020.04.01).

 上條教授が植生学会長に,川田助教が植生学会庶務幹事に就任しました(2020.04.01).