細胞機能開発工学研究室
研究紹介
 

 研究紹介
 指導教員紹介
 研究内容紹介

 メンバー

 研究室ニュース

 卒業後の進路

 研究室関連授業

 リンク

 サイトマップ

 連絡先

 未培養微生物(微生物ダークマター)資源工学研究部会

top

研究紹介

はじめに
 細胞機能開発工学研究室では、微生物細胞、光合成細胞および植物細胞を対象とし、それらの顕在化された機能の拡大および潜在的機能の開発(有用物質生産、環境浄化などに利用)に関する細胞培養工学的研究をおこなっています。

  指導教員紹介

  研究内容紹介
   本研究室で行われている研究を紹介します。

NEWS!
2022年3月25日 小澤拓真さんが筑波大学 農林学類・生物資源学類同窓会賞を受賞し、筑波大学生物資源学類の菅谷学類長から表彰されました。

NEWS!
2022年3月 茨城キリスト教学園高等学校で青柳秀紀教授が講演(生物工学への誘い)をおこないました。

NEWS!
2022年3月16日~18日、化学工学会 第87回年会(http://www3.scej.org/meeting/87a/)で本研究室の研究成果3件を発表しました。

(1)各種エンドトキシンの諸特性の解析とその利用
(2)Low Endotoxin Recoveryに対応可能なエンドトキシン測定法の開発と利用
(3)耐酸性金属回収細菌を用いた酸性水圏環境におけるモデル重金属除去プロセスの開発


NEWS!

2022年3月 本研究室の研究(耐酸性金属回収細菌を用いた酸性水圏環境におけるモデル重金属除去プロセスの開発)が化学工学会第87年会 (2022)の注目講演(プレスリリース)に選出されました。


NEWS!
2021年11月 公益社団法人 日本生物工学会 創立100周年記念事業 2021年 教育セミナー「培養技術勉強会」(https://www.sbj.or.jp/event/event_kyoiku_seminar_2021.html)で講演「培養総論(未来展望・微生物ダークマター)」を行いました。 

NEWS!
2021年11月 The 33rd Annual Meeting of the Thai Society for Biotechnology and International Conference (TSB 2021)で青柳秀紀教授が招待講演をおこないました。 

NEWS!
2021年10月 第73回 日本生物工学会大会(https://www.sbj.or.jp/2021/index.html オンライン開催)でシンポジウム「未培養微生物(微生物ダークマター)の分離・培養・開拓の新展開」 https://www.sbj.or.jp/2021/symposium/program_S3H2-18.html)のオーガナイザーを務めました。 

NEWS!
2021年10月 本研究室の研究(耐酸性細菌を利用した有用金属リサイクルシステムの開発)が第73回日本生物工学会大会トピックス【生物化学工学】に選出されました。https://www.sbj.or.jp/2021/news/news_20211015-1.html 

NEWS!
2021年10月27日~29日、第73回日本生物工学会大会(https://www.sbj.or.jp/2021/ オンライン開催)で本研究室の研究成果14件を発表しました。

(1)腸上皮細胞と腸内細菌の共培養法の開発(第2報)
(2)食品添加物が腸内細菌やモデル複合系に及ぼす影響の解析
(3)微生物平板培養の諸特性の解析と利用
(4)セルロースメンブランプレートを用いた植物生育促進細菌の獲得と評価
(5)微生物の平板培養における培地pHの挙動解析とその利用(第2報)
(6)耐酸性細菌を利用した有用金属リサイクルシステムの開発
(7)Effect of light condition on fungal pigment mediated silver nanoparticles biosynthesis and its characterization
(8)Rapid construction of hyperphosphatemia rat model using adenine
(9)ウグイス糞の諸特性と細菌叢の解析とその利用(第2報)
(10)Effect of processing conditions on Talaromyces purpurogenus extracellular pigment: Thermal and UV stability kinetics.
(11)サンプリング過程に含まれる火炎殺菌操作が微生物の振盪フラスコ培養に及ぼす影響の解析
(12)模擬微小重力環境が腸内有用細菌の諸特性に及ぼす影響の解析と利用 (第2報)
(13)抗菌性物質が皮膚常在菌の生理活性に与える影響の解析(第3報)
(14)ITO 電極システムと試料の前処理を活用した新規微生物培養化法の開発(第2報)


NEWS!
2021年3月25日 芦沢紬希さんが筑波大学 校友会賞を受賞し、筑波大学生物資源学類の菅谷学類長から表彰されました。

NEWS!
2021年3月25日 芦沢紬希さんが筑波大学 生物資源学類 卒業研究優秀賞を受賞し、筑波大学生物資源学類の菅谷学類長から表彰されました。

NEWS!
2021年3月25日 梅原嘉宏さんが茗渓会賞を受賞し、筑波大学生物資源学類の菅谷学類長から表彰されました。

NEWS!
高橋将人博士研究員が第5回東日本支部長賞を受賞しました。 https://www.sbj.or.jp/
https://www.sbj.or.jp/branch/branch_higashinihon.html https://www.sbj.or.jp/branch/brancn_higashinihon_activities_2020.html

NEWS!
2020年6月 本研究室の研究がプレスリリースされました。 http://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p202006301800.html

NEWS!
2020年年3月25日 石本弥子さんが筑波大学 生物資源学類 卒業研究優秀賞を受賞し、筑波大学生物資源学類の茂野学類長から表彰されました。

NEWS!
2019年11月 本研究室の小林君(D1)がThe 31th Annual Meeting of the Thai Society for Biotechnology and International Conference (TSB 2019)にてYoung Scientists Awardを受賞しました。
http://www.life.tsukuba.ac.jp/students/index.html#students_20191120_a

NEWS!
2019年11月10日〜12日 本研究室の研究成果を * The 31th Annual Meeting of the Thai Society for Biotechnology and International Conference (TSB 2019) “Bioinnovation for sustainability”(http://www.tsb2019.com)において5件の口頭発表(1件はKeynote speaker) をしました。
また、このConferenceのOrganizing Commiteeをつとめました。

(1) Characteristics of the conventional microbial cell culture method: Problems and solutions
(2) Effect of low shear and modeled-microgravity condition on the physiological activities of enteric useful bacteria and its application
(3)Isolation of bacteria from microbial flora in soy sauce brewery
(4)Microbial community structure analysis in Acer palmatum bark and isolation of novel bacteria belonging to Abditibacteriota (former Candidate division FBP)
(5)Monitoring the pH changes on the agar plate medium during cultivation of microbes and its application


NEWS!
2019年11月 本研究室の研究成果を日本生物工学会東日本支部第14回学生発表討論会(https://www.sbj.or.jp/branch/branch_esbj_student20191108.html)で2件発表しました。

NEWS!
2019年9月 本研究室の研究成果をAPCChE 2019(http://apcche2019.org/index.html)で1件 (Phosphate removal efficiency of synbiotic preparation and phosphate binders )発表しました。

NEWS!
2019年9月 本研究室の高橋君が日本生物工学会 第27回 生物工学論文賞を受賞しました。
https://www.sbj.or.jp/news/news_20190603.html
http://www.tsukuba.ac.jp/cgi-bin/awards/award.cgi
http://www.tsukuba.ac.jp/update/awards/20190926133513.html

Effect of intermittent opening of breathable culture plugs and aeration of headspace on the structure of microbial communities in shake-flask culture: JBB Vvol.126, no.1, p.96-101, 2018 …Masato Takahashi, Hideki Aoyagi


NEWS!
2019年9月 本研究室の高野君(D1)が第8回生物工学学生優秀賞(飛翔賞)を受賞しました。 https://www.sbj.or.jp/news/news_20190603.html

http://www.tsukuba.ac.jp/cgi-bin/awards/award.cgi?award=2 http://www.tsukuba.ac.jp/update/awards/20190926143859.html


NEWS!
2019年9月 本研究室の研究(模擬微小重力環境が腸内有用細菌の諸特性に及ぼす影響の解析と利用)が第71回日本生物工学会大会トピックス【生物化学工学】に選出されました。https://www.sbj.or.jp/2019/news/news_20190826-1.html  https://www.bres.tsukuba.ac.jp/4748/ https://www.sbj.or.jp/2019/wp-content/uploads/file/news/2019/SBJ2019_topics.pdf

NEWS!
2019年9月  2019年9月16日、第71回日本生物工学会大会(https://www.sbj.or.jp/2019/ 岡山大学 津島キャンパス)でシンポジウム(微生物ダークマターとマイクロバイオータ研究が導く新しい生物工学  https://www.sbj.or.jp/2019/program/program_1s-s2p01_04.html)のオーガナイザーを務めました

NEWS!
2019年9月16日~18日、第71回日本生物工学会大会(https://www.sbj.or.jp/2019/ 岡山大学 津島キャンパス)で本研究室の研究成果15件を発表しました。

(1)抗菌性物質が皮膚常在菌の生理活性に及ぼす影響の解析
(2) 微生物の振盪フラスコ培養中における培養栓の換気能評価とその応用
(3)pH 変動培養による有用金属回収微生物の新規スクリーニング法の開発
(4)セルロースメンブランを用いた植物生育促進細菌の評価・培養法の開発
(5)LAL固定化ビーズ法を用いたグラム陰性菌の培養に伴うエンドトキシンの遊離特性の定量的解析(第3報)
(6)LAL固定化ビーズを用いたエンドトキシンの高感度・迅速検出法の開発と利用(第5報)
(7)Acer palmatum 樹皮からの未培養細菌の探索とAbditibacteriota 門に属する新規微生物の全ゲノム解析
(8)ウグイス糞の諸特性と細菌叢の解析とその利用
(9) 抗菌性物質が皮膚常在菌の生理活性に及ぼす影響の解析(第2 報)
(10)マイクロ波(非熱効果)が微生物の生理活性に及ぼす影響の解析(第2 報)
(11)模擬微小重力環境が腸内有用細菌の諸特性に及ぼす影響の解析と利用
(12)Strategic formulation of spray dried synbiotic and kinetics study to prevent hyperphosphatemia
(13)ITO 電極システムと試料の前処理を活用した新規微生物培養化法の開発
(14)腸上皮細胞と腸内細菌の共培養法の開発
(15)Silver nanoparticles biosynthesis from extracellular pigment of Talaromyces purpurogenus and their biomedical applications


NEWS !
2019年3月13日~15日、化学工学会 第84回年会http://www3.scej.org/meeting/84a/index.html  芝浦工業大学)で本研究室の研究成果2件を発表しました。

(1)セルロースメンブレンを用いた植物成長促進細菌の評価と培養法の開発
(2)ウグイス糞便細菌叢の解析と諸特性の把握


NEWS !
2019年3月 本研究室の研究成果4件を第7回日本生物工学会東日本支部コロキウム <https://www.sbj.or.jp/event/branch_esbj_colloquium_20180302.html> (https://www.sbj.or.jp/event/branch_esbj_colloquium_20190305.html)で発表しました。

NEWS !
2018年11月 第 63 回日本放線菌学会学術講演会において本研究室の成果を1件発表しました。
(1)従来の微生物培養法の生物化学工学的解析とその利用

NEWS !
第 12 回 日本電磁波エネルギー応用学会シンポジウムにおいて本研究室の成果を1件発表しました。http://www.jemea.org/
(1)マイクロ波(非熱効果)が微生物の生理活性に及ぼす影響の解析 Influence of microwave (non-thermal effect) on the physiological activities of microbes

NEWS !
2018年9月 本研究室の研究成果が2nd International Bioresource Technology for Bioenergy, Bioproducts & Environmental SustainabilityにおいてThe BIORESTEC 2018Best Poster Awardsを受賞しました。 https://www.elsevier.com/events/conferences/international-conference-on-bioresource-technology-for-bioenergy-bioproducts-and-environmental-sustainability http://www.life.tsukuba.ac.jp/students/index.html#students_20180919_b

NEWS !
2018年9月 2nd International Bioresource Technology for Bioenergy, Bioproducts & Environmental Sustainability https://www.elsevier.com/events/conferences/international-conference-on-bioresource-technology-for-bioenergy-bioproducts-and-environmental-sustainabilityにおいて本研究室の成果を1件発表しました。
(1)“Utilization of deacetylated Aloe vera for probiotics and biomass maximization”

NEWS !
2018年9月 本研究室の研究成果2件が第70回日本生物工学会大会トピックス【生物化学工学】に選出されました。
https://www.bres.tsukuba.ac.jp/4026/
https://www.bres.tsukuba.ac.jp/4024/
https://www.sbj.or.jp/2018/news/news_20180821-1.html

NEWS !
2018年9月 第70回日本生物工学会大会(関西大学 千里山キャンパス)でワークショップ「生物工学系の研究・開発の安全のために―基本的な考え方と実践例―」 が開催されました。 https://www.sbj.or.jp/pub/pub_bio_safety.html https://www.sbj.or.jp/2018/news/news_20180607-3.html

NEWS !
2018年9月 9月5日~7日、第70回日本生物工学会大会(https://www.sbj.or.jp/2018/ 関西大学 千里山キャンパス)で本研究室の研究成果13件を発表しました。

(1)抗菌性物質が皮膚常在菌の生理活性に及ぼす影響の解析
(2)pH変動培養法を活用した耐酸性微生物や好酸性微生物の高効率なスクリーニング系の開発
(3)模擬微小重力培養が腸内細菌の生理活性に及ぼす影響の解析(第3報)
(4)固定化細胞培養法を活用した生物細胞の選択的取得法の開発
(5)植物試料の凍結前処理が培養微生物群集に与える影響の解析
(6)Lactobacillus casei JCM1134の二価金属イオンの吸着傾向の解析
(7)増殖の速い微生物が環境試料からの微生物の培養化に及ぼす影響の解析と利用
(8)マイクロ波(非熱効果)が微生物の生理活性に及ぼす影響の解析
(9)抗菌性食品添加物が腸内細菌の生理活性に及ぼす影響の解析
(10)微生物を用いた液体培養におけるフラスコ気相環境の解析
(11)Extracellular pigment production from Talaromyces purpurogenus and their applications
(12) Development of method for the estimation of phosphate accumulation in microbes
(13)シンポジウム 資源作物生産から発酵生産までをトータルシステムとして俯瞰する
発酵微生物のスクリーニングを考える https://www.sbj.or.jp/2018/program/program_s3cc01_06.html


NEWS !
2018年6月 本研究室の研究成果をインターフェックスジャパンで展示発表しましたhttps://www.interphex.jp/ja-jp/about/previous.html

NEWS !
2018年6月 第70回日本生物工学会大会(関西大学 第2日(9月6日)D会場 16:40~17:40)でワークショップ「生物工学系の研究・開発の安全のために―基本的な考え方と実践例―」 https://www.sbj.or.jp/2018/news/news_20180607-3.html が開催されます。

NEWS !
2018年3月 小林和輝君が公益社団法人日本生物工学会東日本支部学生奨励賞を受賞いたしました。おめでとうございます。

NEWS !
2018年3月 本研究室の研究成果3件を第6回日本生物工学会東日本支部コロキウム会https://www.sbj.or.jp/event/branch_esbj_colloquium_20180302.htmlで発表しました。

NEWS !
2018年2月 本研究室の研究成果3件を平成29年度つくば学生交流会で発表しました。主催: 化学工学会 関東支部 つくば化学技術懇話会 共催: 筑波大学 生物資源コロイド工学リサーチユニット日本生物工学会 未培養微生物(微生物ダークマター)資源工学研究部会

NEWS !
2017年9月20日~22日、化学工学会 第49回秋季大会(http://www3.scej.org/meeting/49f/index.html 名古屋大学)で本研究室の研究成果を発表しました。
  (1)Hydrogen phosphate ion as novel accelerator and inhibitor of Maillard reaction
NEWS !
2017年9月15日~18日、日本花粉学会第58回(2017年)大会(http://www.psjhama.jp アクトシティ浜松 http://www.actcity.jp/)で本研究室の研究成果を発表しました。
  (1)セシウムが花粉の生理活性に及ぼす影響の解析(第2 報)
NEWS !
2017年9月  本研究室の研究成果が第69回日本生物工学会大会トピックス【生物化学工学】に選出されました。
https://www.sbj.or.jp/2017/news/news_20170908-1.html
NEWS !
2017年9月11日~14日、第69回日本生物工学会大会(https://www.sbj.or.jp/2017/ 早稲田大学 西早稲田キャンパス)で本研究室の研究成果10件を発表しました。

(1)ストロンチウムがツバキ花粉の生理活性に及ぼす影響の解析
(2) A high throughput screening and isolation method for phosphate accumulating microbes
(3)SCF法を用いた強酸性条件下における未培養微生物の培養化
(4)振盪フラスコ培養中のフラスコ気相部が培養微生物群集に及ぼす影響の解析
(5)物理的な前処理を活用した樹皮試料からの新規微生物の培養化
(6)LAL固定化ビーズを用いたエンドトキシンの高感度・迅速検出法の開発と利用(第4報)
(7)LAL固定化ビーズ法を用いたグラム陰性菌の培養に伴うエンドトキシンの遊離特性の定量的解析(第2報)
(8)固定化培養を活用したシロアリ腸内の未培養微生物の培養化
(9) 腸内有用細菌のストロンチウム除去特性の解析(第3報)
(10)シンポジウム 未培養微生物(微生物ダークマター)の培養、解析、利用に関する研究開発の最前線と展望 https://www.sbj.or.jp/2017/program/program_3s-hp_01_04.html 従来の微生物培養法の特性:問題点と解決策の提案

NEWS !
2017年7月 本研究室の研究成果が日刊工業新聞で紹介されました。
NEWS !
2017年6月 本研究室の研究成果( いまだ培養されていない自然界の99%の微生物を培養できる新たな培養プレート ) がインフォグラフィクスになりました。https://sme-univ-coop.jp/info-graphics/tsukuba-001
NEWS !
2017年3月 第5回日本生物工学会東日本支部コロキウム https://www.sbj.or.jp/event/branch_esbj_colloquium_20170302.html で本研究室の研究成果6件を発表しました。
NEWS !
2017年2月 本研究室の研究成果を平成28年度つくば学生交流会で発表しました。
NEWS !
2016年10月 本研究室の研究成果をマッチングイベント「Talent-Connect」アクセラレーションプログラム(筑波大学 東京キャンパス)で発表しました。
NEWS !
2016年10月 本研究室の研究成果を食品開発展2016で展示発表しました。
NEWS !
2016年10月 本研究室の研究成果をBioJapan 2016(http://www.ics-expo.jp/biojapan/main/)で展示発表しました。
NEWS !
2016年9月 第69回日本生物工学会大会https://www.sbj.or.jp/2016/ 2015年9月28日~30日、富山国際会議場、ANAクラウンプラザホテル富山)で本研究室の研究成果9件を発表しました。

(1) 試料の有効な前処理とSCF法の組み合わせによる新規微生物の培養化
(2)好酸性菌の培養における寒天平板培地の問題点の把握とSCF法の利用
(3) SCF法を用いた植物試料からの新規微生物の培養と評価(第2報)
(4) 気相および液相のCO2とO2に着目した振盪フラスコ培養法の解析
(5)模擬微小重力培養が腸内細菌の生理活性に及ぼす影響の解析と利用(第2報)
(6) 腸内有用細菌のストロンチウム除去特性の解析(第2報)
(7)LAL固定化ビーズ法を用いたグラム陰性菌の培養に伴うエンドトキシンの遊離特性の定量的解析
(8)LAL固定化ビーズを用いたエンドトキシンの高感度・迅速検出法の開発と利用(第3報)
(9)ストロンチウムがツバキ花粉の生理活性に及ぼす影響の解析


NEWS !
2016年9月 本研究室の研究成果(Influence of diet components in termites on the in-vivo biogas production and its application in energy gas production)をBiotechnology International Congress (BIC) 2016(http://www.thailandlab.com/conference/#anchor_speakersBangkok Thailand) で発表しました。

NEWS !
2016年8月 本研究室の研究成果をイノベ−ション・ジャパン2016 〜 大学見本市&ビジネスマッチング 〜(http://www.ij2016.com/)で発表しました(http://www.ij2016.com/exhibitor/js20160077.html)。

NEWS !
2016年8月 Dandy Osibeさんが2nd International Conference on Advances in Functional Materials, http://afm2016.functionalmaterials.org/#schedule)で研究成果「Biomediated synthesis of silver nanoparticles using cell extracts of Catharanthus roseus and its antibacterial property」を発表しました。

NEWS !
2016年7月 本研究室の研究成果をつくば産学連携強化プロジェクト 新技術説明会で発表いたしました。https://shingi.jst.go.jp/kobetsu/tsukuba/2016_tsukuba.html

NEWS !
2016年7月 高橋将人君(D3)が2016年度生物工学若手研究者の集い(若手会)夏のセミナーhttps://www.sbj.or.jp/event/young_summer_seminar2016.html)で研究成果「フラスコの気相環境に着目した自動通気振盪フラスコ培養システムの開発と利用」を発表しました。

NEWS !
2016年7月 高橋将人君(D3)「Development of novel microbial culture system focused on the gas phase of the shake flask」、Dandy Osibes君「Production of bio-functional silver nanoparticles using plant cells as green platforms」がInternational Symposium on New Frontiers in Microbiology and Biotechnologyで本研究室の研究成果を発表しました。

NEWS !
2016年2月 本研究室の研究成果をインターフェックス大阪(http://www.interphex-osaka.jp)で発表しました。

NEWS !
2016年3月 本研究室の研究成果を学術振興会産業計測委員会研究会で発表しました。

NEWS !
2016年2月 本研究室の研究成果を生存圏シンポジウム ‐ 京都大学生存圏研究所で発表しました。

NEWS !
2015年12月 本研究室の研究成果(環境-農業-食品-生物細胞からみたCs汚染・動態評価に関する研究と提案) を第6回横幹連合コンファレンス(名古屋)で発表しました(http://www.trafst.jp/conf2015/)。

NEWS !
2015年10月 第67回日本生物工学会大会http://www.sbj.or.jp/2015/ 2015年10月26日~28日、城山観光ホテル)で本研究室の研究成果8件を発表しました。

(1) 振盪フラスコの気相環境への間欠的な吸引操作が培養微生物群集に及ぼす影響の解析
(2)LAL固定化ビーズ法を用いたEscherichia coliの培養に伴うエンドトキシンの遊離特性の定量的解析(第2報)
(3)腸内有用細菌のストロンチウム除去特性の解析
(4)特殊セルロースフィルムを用いた新規微生物単離培養法の開発(第5報)
(5)模擬微小重力培養が腸内細菌の生理活性に及ぼす影響の解析と利用
(6)SCF法を用いた植物試料からの新規微生物の培養と評価
(7)Feasibility of using Talaromyces purpurogenus pigment to improve photo current conversion efficiency in Dye sensitized solar cells.
(8)花粉の新規モニタリング技術の開発ー花粉の自家蛍光特性を活用した花粉種自動識別計数装置の開発と利用ー



NEWS !
本研究室の紹介記事が生物工学会誌に掲載されました。https://www.sbj.or.jp/wp-content/uploads/file/sbj/9307/9307_branch_spirit.pdf

NEWS !
2015年9月 記事が横幹連合ニュースレターに掲載されました。http://www.trafst.jp/nl/042/index.html 


NEWS !
2015年8月 本研究室の研究成果をJSTフェア2015で発表しました(http://www.jst.go.jp/tt/jstfair/)。

NEWS !
2015年3月 本研究室の研究成果を日本農芸化学会2015年度岡山大会で発表しました。
(1)培養器の気相環境に着目した新規微生物スクリーニングシステムの開発

NEWS !
2015年3月 筑波大学生命環境系、公益財団法人日本科学技術振興財団(http://www2.jsf.or.jp)・科学技術館(サイエンス友 の会)、公益社団法人 日本生物工学会 協賛(http://www.sbj.or.jp/related_soc/related_soc_scienceclub_20150307.html)で「微生物がパンを作る!筑波大学で微生物実験&見学会」を開催しました。皆様ありがとうございました。

NEWS !
2014年9月 日本花粉学会第55回大会(2014年 北海道大学)で本研究室の研究成果2件 を発表しました。
(1)セシウムが花粉の生理活性に及ぼす影響の解析
(2)ストロンチウムがツバキ花粉の生理活性に及ぼす影響の解析

NEWS !
2014年9月 第66回日本生物工学会大会(http://www.sbj.or.jp/2014/ 札幌コンベン ションセンター 2013 9/9-11)で本研究室の研究成果9件を発表しました。
(1)LAL固定化ビーズ法を用いたEscherichia coliの培養に伴うエンドトキシンの遊離 特性の定量的解析
(2)特殊セルロースフィルムを用いた好酸微生物の単離培養法の開発
(3)特殊セルロースフィルムを用いた新規微生物単離培養法の開発(第4報)
(4)培養温度シフトを用いたChinese Hamster Ovary細胞による抗体医薬品の高品質、 高効率生産
(5)腸内有用細菌のセシウム蓄積特性の解析と利用 (6)ストロンチウムやセシウムがシロアリおよびシロアリ腸内共生微生物叢におよぼす 影響の解析
(7)自動通気制御型培養システムを活用した新規培養微生物の集積と単離
(8)Optimization of pigment productivity by Talaromyces purpurogenus and application of the pigments in photovoltaic cells.
(9)A novel vertical flat plate airlift photobioreactor with inclined broth circulating guide in the down comer for biodiesel production.

NEWS !
2014年7月 本研究室の研究成果( Effects of low-shear modeled microgravity on a microbial community and its potential application)をInternational Union of Microbiological Societies (IUMS 2014) – XIVth International Congress of Bacteriology and Applied Microbiology, XIVth International Congress of Mycology and Eukaryotic Microbiology, XVIth International Congress of Virology to be held from July 27 - August 1, 2014 in Montréal, Québec, Canada.で発表しました。 http://www.montrealiums2014.org/

NEWS !
2014年7月 本研究室の研究成果(Stabilization of a raw starch saccharifying amylase from Aspergillus carbonarius using anionic and cationic polysaccharides)をAnnual Meeting of the Society for Industrial Microbiology & Biotechnology, July 20 - 24, 2014 Location: St. Louis, MO, USAで発表しまし た。http://www.simbhq.org/annual/

NEWS !
2014年3月 Ugwu Cosmos君(B4)が平成25年度筑波大学農林学類/生物資源学類同窓会賞を受賞しました。おめでとうございます。

NEWS !
2014年3月飯島さん、唐澤君が2014年日本生物工学会東日本支部コロキウムでポスター発表をおこないました。 高橋将人君(M2)が2014年日本生物工学会東日本支部コロキウムにて東日本支部長賞を 受賞いたしました。おめでとうございます。

NEWS !
2014年3月 Cosmos君(ナイジェリア)が平成 25年度つくば学生研究交流会(主催:化学工学会 つくば化学技術懇話会) でポスター発表をおこないました。

NEWS !
2014年3月 飯島さん、唐澤君が2014年日本生物工学会東日本支部コロキウムでポスター発表をおこないました。

NEWS !
2014年2月 高橋将人君(M2)が2014年日本生物工学会東日本支部コロキウムにて東日本支部長賞を受賞いたしました。おめでとうございます。

NEWS !
2014年2月 飯島綾さん(B4)が筑波大学 生物資源学類 応用生命化学コース卒業研究賞(生物化学工学)を受賞いたしました。おめでとうございます。

NEWS !
2013年9月 本研究室の卒業生(柘植信昭様 ハウス食品)が2013年第23回イグ・ノーベル賞(化学賞)を受賞されました。誠におめでとうございます。
The 2013 Ig Nobel Prize Winners(Improbable Research サイト)
●ハウス食品株式会社 ニュースリリースタマネギ研究でのイグノーベル賞受賞について
●筑波大学Facebookページ(日本語) (2013年9月27日掲載記事)https://www.facebook.com/univ.tsukuba.ja
●筑波大学Facebookページ(英語) (2013年9月27日掲載記事)https://www.facebook.com/univ.tsukuba.en

NEWS !
2013年9月 本研究室の研究成果が第21回生物工学論文賞(公益社団法人日本生物工学会)を受賞い たしました。http://www.tsukuba.ac.jp/update/awards/20130925091046.

NEWS !
2013年9月 第65回日本生物工学会大会(http://www.sbj.or.jp/2013/ 広島国際会議 場 2013 9/18-20)で本研究室の研究成果9件を発表しました。

(1)LAL固定化ビーズを用いたエンドトキシンの高感度・迅速測定法の開発と利用(第2報)
(2)LAL固定化ビーズを用いたβ-グルカンの高感度・迅速測定法の開発と利用
(3)特殊セルロースフィルムを用いた新規微生物単離培養法の開発(第3報)
(4)エチレンナノバブルが植物有用代謝産物生産に及ぼす影響の解析と利用
(5)カタラーゼとピルビン酸が孔径0.2 μmのフィルターで濾過した環境サンプル中の微 生物叢に及ぼす影響の解析と利用
(6)セシウムがシロアリおよびシロアリ腸内共生微生物叢におよぼす影響の解析
(7)自動通気制御型培養システムの開発とその利用
(8)Isolation of pigment-producing Talaromyces purpurogenus from cassava processing waste in Abakaliki, Nigeria.
(9)Characteristics of oils and fatty acid methyl esters from some microalgae species isolated from arid environments of Maiduguri, Nigeria.


NEWS !
本研究室の研究成果を第54回日本花粉学会で発表しました。 花粉の自家蛍光特性の解析と高度利用 ―アメニティー向上への貢献を目指してー

NEWS !
ナイジェリア大学のOgbonna James教授のセミナーが開催されました。

NEWS !
模擬授業をおこないました(対象:千葉県立東葛飾高等学校)

NEWS !
筑波大学―早稲田大学―産業技術総合研究所と第1回研究交流会を開催しました。

NEWS !
筑波大学生命環境系、公益財団法人日本科学技術振興財団・科学技術館(サイエンス友 の会)、公益財団法人新技術開発財団、共催で「微生物がパンを作る!筑波大学で微生物実験&見学会」を開催しました。

NEWS !
フィリピン大学学ロスバニョス校で纐纈君、斉藤君、清水さん、魚見さんが研究成果を発表しました。

NEWS !
第64回日本生物工学会大会(http://www.sbj.or.jp/2012/ 神戸国際会議場  2012 10/23-26)で田中秀夫名誉教授が公益社団法人日本生物工学会功労会員を受賞されまし た。

NEWS !
第64回日本生物工学会大会(http://www.sbj.or.jp/2012/ 神戸国際会議場  2012 10/23-26)で本研究室の研究成果8件を発表しました。

(1)LAL固定化ビーズを用いたエンドトキシンの高感度・迅速測定法の開発と利用
(2)LAL固定化ビーズを用いたβ-グルカンの高感度・迅速測定法の開発
(3)特殊セルロースフィルムを用いた新規微生物培養法の開発(第2報)
(4)フラスコ内の気相環境が培養微生物群集に及ぼす影響の解析と利用
(5)リンの除去を目的としたビフィズス菌および乳酸菌のスクリーニングとその利用
(6)大豆組成物がビフィズス菌および乳酸菌の生理活性に及ぼす影響の解析
(7)微小重力培養を活用した微生物の新規スクリーニング法の開発(第3報)
(8)動物培養細胞系から分離したナノバクテリア様微粒子の特性


NEWS !
第21回日本バイオイメージング学会学術集会で本研究室の研究成果を招待講演しました。

NEWS !
13th International Palynological Congress and 9th International Organisation of Palaebotany Conference で本研究室の研究成果を招待講演しました。

NEWS !
Annual Meeting of the Society for Industrial Microbiology and Biotechnology Washington, DC.USA で本研究室の研究成果(Acylation and glycosylation: viable options for the stabilization of raw starch digesting amylase from Aspergillus carbonarius)を発表しました。

NEWS !
筑波大学長を囲む会で本研究室の研究成果を発表しました。

NEWS !
早稲田大学 理工学部/大学院理工学研究科 にて、本研究室の研究成果を講演しました(生物細胞の新規培養法の開発と生物化学工学的利用) 。

NEWS !
植物研究園にて本研究室の研究成果を発表いたしました。

NEWS !
本研究室の研究成果が第44回市村学術賞貢献賞を受賞いたしました。

NEWS ! 本研究室の研究成果が筑波大学新聞、Hellow先端科学のコーナーに掲載されました。

NEWS !

平成24 年度つくば学生研究交流会(独立行政法人産業技術総合研究所)で吉川さん、高橋君、唐澤君が研究成果を発表しました。


NEWS !

本研究室の研究成果を第197回京都大学生存圏シンポジウムで発表しました。


NEWS !

本研究室の研究開発成果が日経産業新聞に掲載されました。


NEWS !

本研究室の研究開発成果を2nd World Congress on Biotechnology 29 Nov - 1 Dec 2011 Philadelphia Airport Marriott, USAで2件発表しました。


NEWS !

本研究室の研究開発成果が59回電気科学技術奨励賞を受賞いたしました


NEWS !

本研究室の研究開発成果を日本生物工学会東日本支部 第6回 学生発表討論会http://www.sbj.or.jp/branch/branch_esbj_student20111021.html)で戸田さん、高橋君が発表しました。


NEWS !
バイオジャパンにて、本研究室の研究成果が紹介されました。

NEWS !

第52回日本花粉学会大会(名城大学 2011年10月7日~9日)にて、本研究室の成果を発表しました。
「花粉とナノ微粒子の付着特性の解析」


NEWS !

第43回化学工学会大会名古屋工業大学 2011 9/14-16)で本研究室の研究成果を発表しました。
「多孔質セラミックを用いたマイクロバブル生成効率の向上


NEWS !

第62回日本生物工学会大会東京農工大学 20119/26-28)で本研究室の研究成果9件を発表しました。

(1)微小重力培養を活用した微生物の新規スクリーニング法の開発(第2報)
(2)リンの除去を目的としたビフィズス菌および乳酸菌のスクリーニングとその利用(第2報)
(3)培養温度と通気条件が設定可能な小型振盪培養システムの開発(第3報)
(4)微生物培養用の米ペプトンの作成と利用(第2報)
(5)エチレンナノバブルの作成とその利用(最3報)          
(6)エチレンナノバブルの作成とその利用(最4報)
(7)ヒト由来急性骨髄性白血病細胞系から分離したナノバクテリア様微粒子の特性(第6報)
(8)超音波処理による>LAL>固定化ビーズの単分散化ーエンドトキシンの高感度・迅速検出―
(9)基質の交換が可能な新規微生物培養装置の開発 ―培地支持基盤素材の評価 

        
NEWS !
食品産業技術研究会(筑波大学、東京農業大学と合同)に参加しました

NEWS !
2011年7月 本研究室の研究開発成果を筑波大学 新技術説明会(科学技術振興機構 JSTホール 東京 市ヶ谷)で発表しました。

NEWS !

2011年5月 本研究室の研究開発成果を5th INTERNATIONAL CONGRESS OF CHEMISTRY AND ENVIRONMENT(ICCE - 2011 at Port Dickson,MALAYSIA)and Internatioal Year of Chemistry IYC 2011で黒丸さん、内田さんが講演発表してきました写真はこちら


NEWS !

2011年6月 本研究室の研究開発成果が第24回インターフェックス ジャパン(東京ビッグサイト)で紹介されました。


NEWS !
第62回日本生物工学会大会(宮崎シーガイア  2010 10/27-29)で本研究室の研究成果11件を発表しました。
  (1)抗微生物活性を有する飼料添加物がシロアリ腸内微生物叢に及ぼす影響の解析とその利用
(2)餌成分がアメリカカンザイシロアリの腸内細菌叢の群集構造に与える影響の評価
(3)セルロースフィルムを用いた新規微生物培養法の開発
(4)微小重力培養を活用した微生物の新規スクリーニング法の開発
(5)リンの除去を目的としたビフィズス菌および乳酸菌のスクリーニングとその利用
(6)培養温度と通気条件が設定可能な小型振盪培養システムの開発
(7)抗体産生CHO 細胞の安定性と細胞培養死滅期に産生される抗体品質
(8)微生物培養用の米ペプトンの作成と利用
(9)エチレンナノバブルの作成とその利用
(10)ヒト由来急性骨髄性白血病細胞系から分離したナノバクテリア様微粒子の特性
(11)加熱処理によるエンドトキシン検出用のコアギュロゲンの簡便な調製法の開発とその利用

NEWS !
第50回日本花粉学会(2009年10月16日~18日)にて、本研究室の3名が講演発表し
  ました。
  青柳秀紀准教授「花粉とナノ微粒子の付着特性の解析」
高橋広美「蛍光染色法を用いた定量的な花粉の生存濃度(Viability)測定法の開発」 
橋本奈津美「花粉の自家蛍光特性と粒径の比較解析とその利用」(日本花粉学会) 

NEWS !
本研究室の研究成果「新規な花粉自動識別計数装置の開発」をイノベーション・ジャ
  パン2009-大学見本市 創造 にっぽん力 (東京国際フォーラム 2009 9/16-18)で発表しました。(展示ポスター

NEWS !
第61回日本生物工学会大会(名古屋大学 2009 9/23-25)で本研究室の研究成果
  7件を発表しました。 (日本生物工学会
  青柳秀紀准教授 「花粉とナノ微粒子の付着特性の定量的解析(第3報)」  青柳 秀紀 准教授 
「昆虫培養細胞系からのナノバクテリア様微粒子の分離(第3報)」  利根川 絢子
「ヒト由来急性骨髄性白血病細胞系から分離したナノバクテリア様微粒子の特性(第4 報)」 田中 宏佑
「微小重力が酵母プロトプラストの細胞壁成分分泌生産現象に及ぼす影響」 土田 貴之
 「培養温度と通気条件が設定可能な小型振盪培養システムの開発」 柿沼 龍彦
 「培養環境で安定な共生系からの微生物の分離と解析」

NEWS !
本研究室のナノバブルの研究がNHK教育テレビ サイエンスZERO(2009年4月18
  日)で紹介されました。

NEWS !
大学説明会(7月29日(水))で本研究室を公開します。

NEWS !
本研究室のナノバブルの研究が【海外向けNHK短波ラジオ放送】およびNHKラジオ
  第2放送で紹介されました。
  放送日⇒2009年6月15日(月)
  番組名:ラジオジャパンフォーカス
  放送言語⇒英、仏、中国など17言語で放送
  放送時間⇒言語ごとに異なります。
  【国内向け英語放送】
  NHKラジオ第2放送 「Japan & World Update」

NEWS !
田中 秀夫 教授が学会賞(生物工学賞,論文賞)を受賞しました。
  「培養装置の開発とその実用的利用」
  日本生物工学会 第24回 生物工学賞 (日本生物工学会

NEWS !
本研究室で発表した論文が雑誌の表紙を飾りました。
 
  JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING Vol.99, No.6, 2005
(論文掲載はVol.99, 208-215. 2005)

NEWS !
本研究室の発表がポスター賞を受賞しました。
  「特殊菌体濃縮システムを導入した実用的な食品微生物の迅速検査法の開発」
  第1回学生ポスター発表会(日本生物工学会東日本支部主催)
平成16年度日本生物工学会東日本支部長賞(銀賞) 平成16年12月

NEWS !
本研究室で発表した論文が雑誌の表紙を飾りました。
 
  JOURNAL OF BIOSCIENCE AND BIOENGINEERING Vol.98, No.1, 2004
(論文掲載はVol.97, No.3, 169-183.2004)

 


研究紹介メンバーサイトマップ/.../top page