「リモートデスクトップ接続」で接続できない現象について (復旧しました)

※6/21 の 19:00 頃、下記の件について対策が施されました。現在は正常に接続できるようになっています。


2017 年 5 月 27 日 (土) の午前中ごろから、Windows の「リモートデスクトップ接続」で接続する場合に、「このコンピュータに保存されているリモート デスクトップ クライアント アクセス ライセンスが変更されているため、 リモート セッションは切断されました。」というメッセージが出て接続できない現象が複数のユーザーによって確認されています。今のところ他の接続方法についてはこの現象は確認されていません。 (※) 現在、原因と対策を調査中です。

(※6/21 加筆: 今週になり、VMware Horizon Client や Mac の Microsoft Remote Desktop での接続に関しても、同様の現象が報告されました。現状ではブラウザでの接続 (HTML5) ならば問題なく使用できる可能性が高いので、トラブルで接続できない方は、そちらをお使いいただくよう、お願いいたします。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。)

なお、非公式の情報ですが、Windows の「リモートデスクトップ接続」に関しては、こちら (FAQ) の対応方法を実行していただくと、接続可能になることもあるようです。ただし、公式の対応方法ではなく、また、レジストリ操作も含まれますので、レジストリのバックアップをとるなどして、実施は自己責任にてお願いします。