メールの利用・設定方法 (2016年度以前入学の人)

※2017年度以降入学の人はこちらをご覧ください。

注意点 (2016年度以前入学の人)

  • 今までの @u アドレスと新しい @s アドレスは別々に利用できます。自分の使い方に応じて、どちらのアドレス宛のメールも必ず手元に届くような設定をしてください。
  • @s アドレスは Microsoft 365 クラウドメールサービスを通じて設定・使用します。
  • @s アドレスとは別に、本学の学生は Microsoft EES 特典により、追加費用なしで個人所有のデバイスに Microsoft Office ソフトをインストールしたり、メールサービスを除く Microsoft 365 クラウドサービスを利用したりすることができます。これらの特典を利用するためにマイクロソフトに登録する場合は、@u アドレスを用いてサインアップしてください。
    なお、この登録をする/しないにかかわらず、@s アドレスは使用できます。
  • 上記の登録を行った場合は、@s アドレスで Microsoft 365 にサインインする場合と @u アドレスで Microsoft 365 にサインインする場合とで使用できるサービスが異なることにご注意ください。特に、@u アドレスでサインインしている状態から Microsoft 365 で @s アドレスの設定を行うためには、一度サインアウトしてから @s アドレスでサインインし直す必要があります。

メールの利用・設定方法

他のメールアドレスに転送する

@s アドレスや @u アドレス宛のメールを他のメールアドレスに転送する場合は、次のページを参考にしてください:

転送設定の際は、転送経路にループを作らないようにするなど、最初に書いてある注意点をよく読んでから行ってください。

また、転送されたメールに返信 (リプライ) する際は、返信メールの送信元にご注意ください (設定によりますが、通常はそのメールを読んでいる転送先のアドレスになります)。送信元を @s アドレスまたは @u アドレスにしてメールを送りたい場合は、下記のWeb メールを使うなどしてください。

Web メールで読み書きする

次のリンクからご利用ください:
[注意事項:5回連続でログインに失敗すると 10 分間接続できません。]

ユーザー名 (ユーザ ID) とパスワードは次の通りです:

※なお、Active! mail のアドレス帳を Microsoft 365 の連絡先に移行したい場合は次のファイルをダウンロード・解凍して、その中の「アドレス帳移行手順.pdf (PDF ファイル)」をご覧ください:

Web メールはブラウザが動作すればどのデバイスからも利用でき、非常に便利です。ただ、人によってはユーザインターフェースや操作 (キーボードショートカット等) が合わないこともあります。もし、他の使い慣れたメールソフトや他の Web メール (Gmail 等) から使いたい場合は、下記の「メールソフトで読み書きする」をご参照ください。

メールソフトで読み書きする

Outlook や Thunderbird などのメールソフトや、他の Web メール (Gmail 等) からメールを読み書きする場合は、次のページを参考にしてください (ただし、個別のソフト等の使い方についての質問にはお答えできません):
[注意事項:5回連続でログインに失敗すると 10 分間接続できません。]

メールボックス使用量の確認とバックアップ