メールの利用・設定方法 (2017年度以降入学の人)

※2016年度以前入学の人はこちらをご覧ください。

注意点 (2017年度以降入学の人)

  • メールアドレスは基本的に、@s アドレス (s + 学籍番号下7桁 @s.tsukuba.ac.jp) となります。
  • @u アドレス (s + 学籍番号下7桁 @u.tsukuba.ac.jp) 宛に送信されたメールは自動的に @s アドレスへ転送されます。@s アドレス宛のメールは必ず手元に届くように設定してください。
  • @s アドレスは Microsoft Office 365 クラウドメールサービスを通じて設定・使用します。
  • @s アドレスとは別に、本学の学生は Microsoft Office EES 特典により、追加費用なしで個人所有のデバイスに Microsoft Office ソフトをインストールしたり、メールサービスを除く Office 365 クラウドサービスを利用したりすることができます。これらの特典を利用するためにマイクロソフトに登録する場合は、@u アドレスを用いてサインアップしてください。
    なお、この登録をする/しないにかかわらず、@s アドレスは使用できます。
  • 上記の登録を行った場合は、@s アドレスで Office 365 にサインインする場合と @u アドレスで Office 365 にサインインする場合とで使用できるサービスが異なることにご注意ください。特に、@u アドレスでサインインしている状態から Office 365 で @s アドレスの設定を行うためには、一度サインアウトしてから @s アドレスでサインインし直す必要があります。

メールの利用・設定方法

他のメールアドレスに転送する

@s アドレス宛のメールを他のメールアドレスに転送する場合は、次のページを参考にしてください:

転送設定の際は、転送経路にループを作らないようにするなど、最初に書いてある注意点をよく読んでから行ってください。

なお、転送されたメールに返信 (リプライ) する際は、返信メールの送信元にご注意ください (設定によりますが、通常はそのメールを読んでいる転送先のアドレスになります)。送信元を @s アドレスにしてメールを送りたい場合は、下記のWeb メールを使うなどしてください。

Web メールで読み書きする

次のリンクからご利用ください:

ユーザー名とパスワードは次の通りです:

Web メールはブラウザが動作すればどのデバイスからも利用でき、非常に便利です。ただ、人によってはユーザインターフェースや操作 (キーボードショートカット等) が合わないこともあります。もし、他の使い慣れたメールソフトや他の Web メール (Gmail 等) から使いたい場合は、下記の「メールソフトで読み書きする」をご参照ください。

メールソフトで読み書きする

Outlook や Thunderbird などのメールソフトや、他の Web メール (Gmail 等) からメールを読み書きする場合は、次のページを参考にしてください (ただし、個別のソフト等の使い方についての質問にはお答えできません):

メールボックス使用量の確認

メールボックスの使用量の上限は次の通りです。自分がどのくらい使用しているのかを時々チェックし、不要なメールを削除したり、必要なメールはバックアップを取って削除するなどして、容量制限内に収まるようにご注意ください。また、自分の使用量を常に把握しておけば、詐欺メールに騙される可能性も小さくなります。

メールのバックアップ

必要なメールを他の場所にバックアップするには、数通りの方法が考えられます。ここでは例を紹介しますので、自分に合った方法で行ってください。

※普段利用していないメールソフトを使ってバックアップを行う場合は、古いメールを自動削除する設定になっていないか等、設定をよくご確認ください。

メールソフト (メールクライアント) のローカルフォルダに移動

Outlook や Thunderbird などのメールソフトを用いて、ローカルフォルダ (お使いの PC 上へ保存) や他のメールシステムへ移動させることができます。ここでは、Thunderbird を例として、ローカルフォルダへ保存する方法を紹介します。

  1. まず、「ローカルフォルダ」の下に移動先の新しいフォルダを作成しておきます。「ローカルフォルダ」を右クリックで表示されるプルダウン中から「新しいフォルダ」を選択します。

  2. 任意の名前を入力し、バックアップ用のフォルダとします。
    受信トレイ内の、移動したいメールをドラッグし、ローカルフォルダ下に新しく作成したフォルダ(この図では「move」という名前のフォルダ) に移動(ドロップ)します。
    新しく作成したフォルダ内にメールが移動している事を確認します (移動させたメールは同じ操作でもとに戻すこともできます)。
    移動させたメールは受信トレイからは削除され、その分メールボックスの使用量は減ります。
  3. 受信トレイの下にフォルダを作成している場合は、フォルダごとローカルフォルダの下にコピー (ドロップ) することもできます。メールがコピーされたことを確認した後、コピー元のフォルダを削除すれば、その分メールボックスの使用量は減ります。