トップ 新規 編集 差分 一覧 Farm ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

FrontPage

共通科目「情報」担当の教職員用Wikiページです。

実習用手引きについて、修正等お気づきの点について

講義資料について、修正等お気づきの点について

上記以外のご質問・ご意見について

情報処理担当からのお願い

  • 近年,情報処理講義を引き受けていただける方が減っているため,周囲に情報処理教育に関心のある方などがおられましたらご紹介いただければ幸いです。ご協力どうかよろしくお願いいたします。

授業の前に

  教室の場所について

  曜日・時限・担当教室の確認方法について

  • 開設授業科目一覧の、3 基礎科目(共通科目等)〔1〜4年次対象〕、(7) 情報、の項目をご確認ください。
  • 一部の非常勤の先生については、印刷所に納稿する際に情報が間に合わず空欄となっております。こちらについては大変申し訳ありませんがご容赦願います。

お知らせ

 平成28年度

実習手引き(第10章)のEXCELファイルの更新版について

  • 実習手引き(第10章)で例題として取り上げられている「オゾンの分析」と「セ・リーグの上位打者の統計処理」に関するEXCELファイルについて、2015年時点での情報を反映したもの(上田裕子先生にご提供頂きました)を実習用手引きとスライドのページに置きました。

 平成27年度

<2015/3/27> Adobe Dreamweaver (Creative Cloud版)について

  • H27年度から,Adobe Dreamweaver の2つの版が共存する形となりました.
    • H26年度まで:CS6版のみ
    • H27年度から:CS6 + CC(Creative Cloud)版が共存

実習にはこれまで通りCS6版を使用いただくことを想定しておりますため,講義内容や講義資料に変更は生じないと考えておりますが,CC(Creative Cloud)版が共存する形となります.そのため,アプリケーションの起動時やファイルオープンの際に,CS6版を使われていることをご注意いただき,受講生にも本件ご指導くださいますよう,よろしくお願いいたします.

<2015/3/27>V-class ファイル回収機能について

  • H27年度から,レポート提出等で使用されている V-class のファイル回収機能について,本機能で保存されるファイル群のデフォルト保存先が以下のように変更されました.
    • H26年度まで:システム領域(C: ドライブ)
    • H27年度から:各ユーザのホーム領域( Z: ドライブ)

本機能を使用してファイルを回収した際,ホーム領域の空き容量が不足している場合,H27年度からはファイルの取得に失敗することになります.今後,ホーム領域の空き容量にはくれぐれもご注意願います.なお,同様の機能が学内 e-Learning 用学習管理システム manaba(http://www.ecloud.tsukuba.ac.jp/manaba)上にもございますので,こちらへの移行等もあわせてご検討ください.

過去のお知らせ

 平成26年度のお知らせ

 平成25年度のお知らせ

 平成24年度のお知らせ

 平成23年度のお知らせ

 平成22年度のお知らせ

 平成21年度のお知らせ

 平成20年度のお知らせ

 平成19年度のお知らせ

 平成18年度のお知らせ

配布資料の印刷について

  • 資源節約のため、講義資料を印刷される場合、配布枚数は必要最小限にして頂くようお願いいたします。
  • 講義スライドを印刷し配布される場合、A4 1枚に4スライドないし6スライドで印刷するようお願いいたします。
  • 印刷する場合、白黒印刷の場合はコピー機ではなく、リソグラフを利用されるようお願いいたします。

情報システムを安心・安全に利用するために

  • P2P ソフトウェアの利用は,その用途を問わず,筑波大学では全面禁止となっています.
  • 著作権を侵害した音楽ファイルの無断送受信があった、と社団法人日本音楽著作権協会より連絡がありました.(2008年度)
  • 約400件/年、情報倫理に関連した問題が本学で起こっております。
  • 講義・実習を問わず、知的財産権を侵害する行為を行わないよう、強くアナウンス頂きますようよろしくお願いいたします.
  • 筑波大学情報環境機構情報環境企画室が作成したパンフレットはこちらのページよりダウンロードできます。

コンピュータ利用上のマナーについて

 メールについて

  • 電子メールを送る際に、氏名・所属を必ず記載するようご指導お願いいたします。
  • 就職活動、社会活動等において学生が本文で氏名を名乗らず(また、場合によっては文面も友達感覚で適切でない)メールを送るケースが増えています。
  • 本授業は大学入学(高校卒業)後の一番最初の授業であり、また組織によっては唯一の情報リテラシの授業となります。そこで、実習・講義を問わず、メールを書く際には是非とも授業で触れて頂ければと思います。
  • メールの書き方例は「情報処理の手引き」に記載がありますので、こちらもご参考ください。

各種連絡先

本Webページ内の検索について

  • 本授業に関する不明な点についてお調べの際には、上記メニュー(検索)も御利用ください。