ここに示している方法について

トレンドマイクロ社より提示された方法ですが、 学術情報メディアセンターでは検証していません
実行については自己責任の元、作業してください。

下記手順を3つの sh ファイルにしてみました(2019.10.17)


=================================
■ TMSM 3.0 エージェントの手動アンインストール手順について 
=================================

 ※下記に明記している手順の中で「該当しないもの」「存在しないもの」 
  「操作できないもの」などが存在している場合は、 
  その手順を省いていただき、次の操作を進めてください。 

 ※「su」コマンドはルート権限のあるユーザを指定してください。 
  オプションがない場合は「root」で実行されます。 

 ※アカウントの例として、"tmsm$"や"root$"と明記しています。
  実際にご入力いただくコマンドは、"tmsm$"、"root$より右側に
  記載している文字列のみです。

 ※ root$ と記載しているコマンドは、rootユーザで実行してください。

   例)
   tmsm$ killall TmLoginMgr  と表記していル場合は
   killall TmLoginMgr だけ入力して実行してください。

 【操作手順】 

 1. Mac OS X の Terminal console を開きます。 

 2. 下記コマンドを実行し、TMSM エージェントのプロセスを 
   停止します。 

    ※「\」は半角の「\」です。実際の操作で「\」は 
     入力できません。 

   tmsm$ killall TmLoginMgr 
   tmsm$ killall UIMgmt 
   tmsm$ killall MainUI 
   tmsm$ "/Library/Application\Support/TrendMicro/TmccMac/TmLoginMgr.app/Contents/MacOS/TmLoginMgr" -u 

   tmsm$ sudo /sbin/SystemStarter -D stop iCoreService 
   tmsm$ sudo launchctl unload /Library/LaunchDaemons/com.trendmicro.tmsm.launcher.plist 
   tmsm$ sudo launchctl unload /Library/LaunchDaemons/com.trendmicro.tmsm.plugin.plist 
   tmsm$ sudo launchctl unload /Library/LaunchDaemons/com.trendmicro.icore.wp.plist 
   tmsm$ sudo launchctl unload /Library/LaunchDaemons/com.trendmicro.icore.av.plist 
   tmsm$ sudo launchctl unload /Library/LaunchDaemons/com.trendmicro.icore.main.plist 
   tmsm$ sudo killall iCoreService 

    ※製品の利用状況より、実行されていないプロセスがあります。 
     実行されているプロセスへの作業は省略し、次の手順に進んでください。 

 3. 下記コマンドを実行し、インストールパッケージを削除します。 

   tmsm$ sudo pkgutil --forget com.trendmicro.icore.autostart.pkg 
   tmsm$ sudo pkgutil --forget com.trendmicro.icore.kextention.pkg 
   tmsm$ sudo pkgutil --forget com.trendmicro.icore.service.pkg 
   tmsm$ sudo pkgutil --forget com.trendmicro.tmsm.application.trendMicroSecurity.tmcoreinst.pkg 
   tmsm$ sudo pkgutil --forget com.trendmicro.tmsm.application.trendMicroSecurity.tmsecurity.pkg 
   tmsm$ sudo pkgutil --forget com.trendmicro.tmsm.application.trendMicroSecurity.tmsecurityextra.pkg 
   tmsm$ sudo pkgutil --forget com.trendmicro.tmsm.tmappextra 
   tmsm$ sudo pkgutil --forget com.trendmicro.uninstaller 

    ※製品の利用状況により、存在しないファイルがあります。 
     存在しないファイルへの作業は省略し、次の手順に進んでください。 

 4. 下記コマンドを実行し、TMSM エージェントのファイルを削除します。 

   tmsm$ sudo su
   root$ sh
   root$ rm -rf /System/Library/TrendMicro/KERedirect.kext 
   root$ rm -rf /System/Library/TrendMicro/tmccfshook-10.4.kext 
   root$ rm -rf /System/Library/TrendMicro/tmccfshook-10.5.kext 
   root$ rm -rf /System/Library/TrendMicro/tmccfshook.kext 
   root$ rm -rf /System/Library/TrendMicro/10.4 
   root$ rm -rf /System/Library/TrendMicro/10.5 
   root$ rm -rf /System/Library/TrendMicro/10.6 
   root$ rm -rf /System/Library/TrendMicro/com.trendmicro.kext.KERedirect.sym* 
   root$ rmdir /System/Library/TrendMicro 
   root$ rm -rf /Library/StartupItems/iCoreService 
   root$ rm -rf /Applications/MainUI.app 

root$ rm -rf /Applications/TrendMicroSecurity.app ※TMSM 3.0 のみ

   root$ rm -rf "/Library/Application Support/TrendMicro/common" 
   root$ rm -rf "/Library/Application Support/TrendMicro/kext" 
   root$ rm -rf "/Library/Application Support/TrendMicro/TmccMac" 
   root$ rm -rf "/Library/Application Support/TrendMicro/Plug-in" 
   root$ rm -rf "/Library/Application Support/TrendMicro/TMccUpdate" 
   root$ rm -rf "/Library/Application Support/TrendMicro/Tools" 
   root$ rm -rf /var/tmp/TrendMicro 
   root$ rm -rf /Library/Receipts/tmcoreinst.pkg< 
   root$ rm -rf /Library/Receipts/tmsecurity.pkg 
   root$ rm -rf /Library/Receipts/tmsecurityextra.pkg 
   root$ rm -rf /Library/Receipts/tmappextra.pkg 
   root$ rm -rf /Library/Receipts/tmuninstaller.pkg 
   root$ rm -rf /Library/Receipts/autostart.pkg 
   root$ rm -rf /Library/Receipts/core.pkg 
   root$ rm -rf /Library/Receipts/corekext.pkg 
   root$ rm -rf /Library/LaunchDaemons/com.trendmicro.tmsm.* 
   root$ rm -rf /Library/LaunchDaemons/com.trendmicro.icore.* 
   root$ rm -rf /Library/StartupItems/TmccCore/StartupParameters.plist 
   root$ rm -rf /Library/Frameworks/TMAppCommon.framework 
   root$ rm -rf /Library/Frameworks/TMAppCore.framework 
   root$ rm -rf /Library/Frameworks/TMGUIUtil.framework 
   root$ rm -rf /Library/Frameworks/iCoreClient.framework 
   root$ rm -rf /Library/Frameworks/iCoreClientPb.framework 
   root$ rm -rf /Library/Preferences/TMCNTMgmt.plist 
   root$ rmdir "/Library/Application Support/TrendMicro" 


    ※「su」コマンドはルート権限のあるユーザを指定してください。
     オプションがない場合は「root」で実行されます。

    ※製品の利用状況により、存在しないファイルがあります。
     存在しないファイルへの作業は省略してください。 

=================================



学術情報メディアセンター
お問い合わせは まで

.