対日理解促進交流プログラム
KAKEHASHI プロジェクト
北米地域との交流(米国)短期派遣事業
参加者募集

KAKEHASHI プロジェクトに関する説明会を下記の予定で開催します。
日時:20161013日(木)18:00
場所:大学会館9P2階 研修室I

1.主 旨

「対日理解促進交流プログラム」は、日本政府が推進する事業であり、日本とアジア大洋州、北米、欧州、中南米の各国・地域との間で、将来、各界にて活躍が期待される優秀な人材を招へい・派遣するものです。人的交流を通じ、我が国の政治、社会、歴史及び外交政策に関する理解促進を図るとともに、親日派・知日派を発掘することで、我が国の外交基盤を拡充し、さらに、被招へい者・被派遣者に、日本の外交姿勢や日本の魅力等を積極的に発信してもらい、国際社会における対日イメージ向上や日本への持続的な関心の増進に寄与することを目的としています。KAKEHASHI Projectは、「対日理解促進交流プログラム」のうち北米地域を対象とした交流事業です。

2.募集人数

23

3.派遣期間

2017118日~25日(8日間)

4.内 容

日本のポップカルチャーや伝統文化、茨城県やつくばの文化、歴史、自然、産業など、世界に向けてアピールしたい地域の魅力を大学生の目線から発掘し、アメリカ合衆国の一般市民や大学生に英語でプレゼンテーション実演をし、交流を深めること。

5.参加費用

事業側が負担するもの:

  • 日本を出国する国際空港~米国 往復国際航空賃
  • 米国滞在中宿泊費
  • 米国滞在中食費(一部自己負担)
  • 米国内移動交通費
  • 施設/拝観料
  • 海外旅行傷害保険料

*日本国内の移動費および米国滞在中の個人的な経費など(パスポート取得費やESTA費用など含む)は自己負担。

6.応募条件

  1. 本事業の趣旨を理解し、本事業へ参加できる筑波大学の学群生・院生
  2. 心身ともに健康であること
  3. 日本国籍を有していること。あるいは在留資格「永住権」を有するか特別永住者証明書を有し日本に居住していること
  4. 本事業の趣旨を理解し、英語でプレゼンテーションを行い,積極的に交流し,外交姿勢や日本の強み・魅力等を積極的に発信できること
  5. 米国に興味・関心があり、同地域について学ぶ意欲あり、積極的に交流し、コミュニケーションをとることができること
  6. 出発前に積極的に当該プログラムについて学び事前課題に取り組み、また、帰国後、学内または地域内でプログラムの成果を生かした活動を行うこと

7.応募方法

  1. 提出書類:
    Step 1:
    右記のリンクより必ずオンライン登録をすること(*ここからアクセスする
     
    Step 2:
    以下の書類を下記のメールアドレスに提出:
    - KAKEHASHIプロジェクト申込書(提出様式1:ダウンロード
    - 成績証明書(pdf形式で提出)
    - 英語能力証明書のコピー(pdf形式で提出)
     
  2. 提出先メールアドレス(下記の両方に送信すること):
    isc-kaigai[アット]un.tsukuba.ac.jp([アット]を@に変換すること)
    ut.isc.sra[アット]gmail.com([アット]を@に変換すること)
    メールの表題に「2016年度筑波大学KAKEHASHIプロジェクト応募」と記入してください。
  3. 提出締切日時:平成281021日(金)17:00

8.本学での選考方法

書類選考および面接

9.問い合わせ先

学生交流課 海外派遣
場所:グローバルコモンズ事務室(1学エリアの食堂と同じフロア)
Tel: 029-853-6067
E-mail: isc-kaigai[アット]un.tsukuba.ac.jp([アット]を@に変換すること)