筑波大学人文社会系

大学院人文社会科学研究科 

国際日本研究専攻(博士)国際地域研究専攻(修士)
社会・国際学群 国際総合学類(学類)

 

田中洋子研究室

 

 


           

プロフィールProfile

業績一覧Works

授業紹介(学類)Classes

授業紹介(大学院)

Graduate Classes

 

連載「グローバル工業化が変える世界」

P1060124

連載「新たな回復に向けて」

ゼミ現地調査・工場見学

P1070606

カシュガル写真集
パキスタン写真集2013

                                       

主な活動報告

2013年〕

論文 「経済とケアの再設計」広井良典編『ケアとは何だろうか』ミネルヴァ書房、2013

 

新聞記事  
「工業化の限界、経済転換で打破」『毎日新聞』「パラダイムシフト――2100年への思考実験. 脱「成長」への道」、20131125

 

国際学会報告
 Yoko Tanaka, Increasing Time Flexibility in Workplace? Comparative Study of Japanese and German Corporations", Labor and Employment Relations Association Meetings, San Diego, CA, USA, January,2013

 

国際学会報告  
 Yoko Tanaka, Development of Part-time Work in Normal Employment in Germany. Challenge to Flexible Time Policy", Conference of European Social Policy Analysis Network, Poznan, Poland, September,2013.

 

学内研究企画・講演会 
「働く現場のリアル」展示、NPO法人POSSE事務局長・川村遼平氏講演会

 

調査・学会報告・打ち合わせ旅行
ドイツ(フランクフルト、デュッセルドルフ、デュースブルク、ケルン、マインツ、ベルリン、ツェル(モーゼル))、ポーランド(ボズナン)(9月)

 

調査旅行
  カラコルム・ハイウェイ(旧シルクロード) 中国(上海、カシュガル)~フンジェラーブ~北パキスタン(グルミット、フンザ・カリマバード、アーリアバード、ソスト)(8月)

 

調査旅行
 台湾(台北、新竹、台中、台南、高雄、凍頂山、竹山、鹿谷)(3月)

 

学会報告
 アメリカ(US)(サンディエゴ、ロサンジェルス)(1月)

 

論文
「『正社員パートという働き方』――ドイツで広がる柔軟な労働時間の調整」
連合総研『DIO11月号,2013.

 

学会報告  
「ドイツ大企業におけるパートタイムの展開」社会政策学会春季大会報告(青山学院大学)2013525

 

論文  
「『古い公共』から『新しい公共』へ-歴史的視点からみる地域団体」『社会政策』第5巻第1号、2013年、73-82

 

書評  
「菅山真次『「就社」社会の誕生―ホワイトカラーからブルーカラーへ』」『社会政策』第5巻第2号、2013

 

連載(1) 
「バングラデシュ・オートリキシャーの疾走――グローバル工業化が変える世界(1)『書斎の窓』201312月号

 

  連載(2)
「バングラデシュ・グラミンフォンの煌き――グローバル工業化が変える世界(2)『書斎の窓』20133月号。

 

連載(3)
「国際援助とグローバル・ビジネス――グローバル工業化が変える世界(3)『書斎の窓』20134月号。

 

  連載(4) 
「バングラデシュ・社会政策・国際NGO――グローバル工業化が変える世界(4)『書斎の窓』20135月号

 

  連載(5)
「グローバル企業と社会政策――グローバル工業化が変える世界(5)『書斎の窓』20136月号。

 

連載(6)
「グローバル企業の社会的責任――グローバル工業化が変える世界(6)『書斎の窓』201378月号。

 

連載(7) 
「スリランカ. ウヴァ茶の香り――グローバル工業化が変える世界(7)『書斎の窓』20139月号。

 

連載(8) 
「モンゴル-大草原の太陽光――グローバル工業化が変える世界(8)『書斎の窓』201310月号。

 

連載(9) 
「中国・カシュガル――電動バイクの疾走――グローバル工業化が変える世界(9)『書斎の窓』201311月号

 

連載(10) 
「個人・NPO・企業とグローバル社会政策――グローバル工業化が変える世界(10・最終回)『書斎の窓』201312月号

 

2012年〕

 論文  「ドイツにおける時間政策の展開」『日本労働研究雑誌』第619号、2012年、102-112.

 

 国際会議報告  Yoko Tanaka, Work, Time and Family. Employment System and Family Formation, Symposium Balanceakt FamilienzeitBerufszeit. Zeitpolitische Herausforderungen und Perspektiven in Japan und Deutschland, Japanisch-Deutsche Zentrum Berlin,Berlin, Germany, September 17,2012,Berlin.( ベルリン日独センター2012917)

 

 連載(5) 「頑張り方の社会的調整――新たな回復に向けて(5)『生活経済政策』180号、20121月号、45頁。

 

 連載(6) 「グローバル経済と持続可能性――新たな回復に向けて(6)『生活経済政策』182号、20123月号、45

 

 書評  「辻由希『家族主義福祉レジームの再編とジェンダー政治』」京都・国際高等研究所、731

                                                                                

 企画・座長  社会政策学会 秋季大会企画委員会 特別分科会「地域における「新しい公共」の担い手――長野県からの報告」 1014

企画 社会政策学会 第125回大会共通論題 シンボジウム「新しい公共」と社会政策 (上田女子短期大学20121013)

 

企画・展示  筑波大学学園祭学内研究企画「何食べてる? 工業化する食」 (2012106日~8)

企画・シンポジウム 筑波大学学園祭学研企画シンポジウム 「工業化されない食の現場」(107) 

     

調査旅行  ドイツ(ベルリン、フランクフルト、シュトュットガルト)(9月)

 

企画 シンポジウム「ドイツ・脱原発の選択」、映画「イエロー・ケーキ」部分上映 日本ドイツ学会・総会 (東京大学駒場、201277)

 

公演  アレグリアス・ソロ、於アルハムブラ(623)

 

海外学会参加 韓国社会政策学会参加、代表挨拶(61)

学会活動 社会政策学会代表幹事就任挨拶(526)

 

調査旅行 スリランカ(コロンボ、マウントラヴィニア、ハプタレー、ヌワラ・エリア、キャンディ、アヌラーダプラ、キリノッチ、ネボンゴ)(3-4) 

 

 

田中洋子「ドイツにおける時間政策の展開」労働政策研究会議報告、2011618日、東京大学.

 

田中洋子「社会のための総合科学に向けて――若者の『生きづらさ』の解明をめぐって」第一回Tsukuba Eight 報告、2011310日、筑波大学総合研究棟D116

 

田中洋子「労働・時間・家族のありかたを考え直す」NHKラジオ第一・夕方ニュース「ここに注目」コーナー 、201137日、東京・渋谷.

 

田中洋子「ドイツ経済界の女性への期待とワーク・ライフ・バランス」国際高等研究所研究会、201118日、京都.

 

ゼミ調査旅行・合宿  仙台市復興局インタビュー、 仙台市・名取市見学、電力館見学、卒業論文・ゼミ論文報告会(仙台2.23-26+筑波3.18

 

ゼミ調査旅行・合宿  長野県飯田市、NPOインタビュー、メガソーラー見学(飯田2.4-2.5)

 

ゼミ活動   ゼミOB(2012.1.28. 東京)

 

ゼミ現地調査   茨城県東海村原子力発電所・アトムワールド見学(2012.1.13)

小論   「頑張り方の社会的調整. 新たな回復に向けて(5) 」『生活経済政策』No.18020121月号

〔2011年〕

 

ゼミ現地調査 日比谷集会見学(東京、2011.12.10)

 

 学会・研究会書評報告  菅山真次『「就社」社会の誕生』(東北大学)(12.2-1.3)

 

 模擬授業 筑波大学附属駒場高校(11.11.15)

 

 連載(1) 「豊かなエネルギーのジレンマ」 『生活経済政策』No.17220115月号

 

 連載(2) 「商品化と雇用労働――新たな回復に向けて(2)『生活経済政策』No.17420117月号

 

 連載(3) 「富の再定義と労働――-新たな回復に向けて(3) 『生活経済政策』No.17620119月号

 

 連載(4) 「労働の再定義――-新たな回復に向けて(4) 『生活経済政策』No.178201111月号

 

研究会報告   「ドイツにおける時間政策の展開」労働政策研究会議報告(6.18、東京)講演会 「ドイツにおける働き方の調整」(11.8. 横浜)

 

企画・展示  筑波大学学園祭・学内研究企画「エネルギーと社会を考える」(20111010日)、2011年田中ゼミ世界旅行記展示

企画・講演会 七沢潔氏(NHKディレクター)『放射能汚染の向こうの未来-チェルノブイリ・フクシマを歩いて』

企画・座長 社会政策学会 第123回大会共通論題シンポジウム「健康のための社会政策」(京都大学)(2012109日)
                               
論文   「労働者文化と協会(フェライン)の形成」、「大企業における労働者と協会活動」若尾祐司・井上茂子編『ドイツ文化史入門』(昭和堂、2011)「労働者の日常生活と協会」より、ケーゲル協会の人々 

 調査旅行 ヨルダン・UAE(アンマン、ペトラ、アカバ、ジェラシュ、アブダビ、ドバイ)(3-4)   

    
 
講演  第一回つくばエイトTsukuba Eight 講演
「社会のための総合科学に向けて――若者の『生きづらさ』の解明をめぐって」 (3.10、筑波大学総合研究棟D116)

 

 ラジオ生出演  「労働・時間・家族のありかたを考え直す」NHKラジオ第一・夕方ニュース (3.7、東京・渋谷)

 

 ゼミ現地調査  NPO法人・自然薯クラブ、星ふる酒蔵見学(筑波)(1.29)

 ゼミ合宿     卒業論文・ゼミ論文報告会(筑波、1.29-31

 

 講演 「柔軟な働き方をめざして.ドイツと日本の試み」『ワーク・ライフ・バランスの実現による次世代育成のための環境整備』基調報告(1.13、福岡)

 

 研究会報告 「ドイツ経済界の女性への期待とワーク・ライフ・バランス」( 1.8、国際高等研究所/京都)

 

〔2010年〕

ゼミ現地調査   工房わかぎり(東京)(12.13)

 

ゼミ現地調査   東入国管理センター(牛久)(11.29)

 

ゼミ現地調査   総合事務センター(11.16/12.8)

 

 学会活動    社会政策学会大会分科会座長・秋季大会企画委員会(10.2930、愛媛)

 

講演     「柔軟な働き方をめざして~ドイツと日本の試み」『ワーク・ライフ・バランスの実現による次世代育成のための環境整備』基調報告(10.25、東京・渋谷)

 

ゼミ活動      筑波大学学園祭学内研究企画田中ゼミ「ゼミ生が歩いた世界2010—つながりを考える」(109-11)

 

学会コメント報告 ドイツから見た技師と現場主義」経営史学会パネル『現場主義の国際比較―エンジニアの形成史―』(10.23、札幌大学)

 

国際会議報告   働き方を変える-企業の挑戦が求められる社会的根拠Die Arbeit neu  arrangieren Gesellschaftliche Notwendigkeit von der unternehmerischen Herausforderungen.」日独国際会議『ワーク・ライフ・バランス-企業・個人・社会にとってのイノベーション』(ベルリン日独センター、9.20

 

調査      ドイツ企業(ルフトハンザ、ジーメンス)・病院(ギーセン大学附属病院)調査.ヘッセン州医師連盟インタビュー調査(9月)

 

報告書        田中洋子/ウタ・マイヤー・グレーヴェ『筑波大学附属病院におけるワーク・ライフ・バランス調査  2009(平成21)年9月~10月』(平成21年度筑波大学国際連携プロジェクト「日独における家族政策とジェンダー政策」、平成21度筑波大学大学院人文社会科学研究科プロジェクト「少子高齢社会と家族のための総合政策――日独比較を中心として――」(8)

 

研究会報告    ドイツ資本主義研究会・書評『ワイマール期ドイツ労働組合史』(枡田大知彦著)(専修大、7.4

 

研究会報告    ホワイトカラー比較史研究会「現場主義の国際比較・ドイツ」(東大、6.27

 

研究会報告    日本労使関係研究会議報告「ドイツにおけるワーク・ライフ・バランスと非正規雇用」(東京、6.26)

 

学会活動     社会政策学会分科会座長(早稲田大)、秋季大会企画委員長着任(6.20

 

論文発表    「ドイツにおける教育の職業的意義-日本への示唆」日本ILO協会『世界の労働』(6月)

 

論文発表    「ドイツにおける企業内教育と『職』の形成――クルップとダイムラーのホワイトカラー養成制度を事例として」『大原社会問題研究書雑誌』620号、2010年6

 

講演       桜美林高校講演(5.17)

 

論文発表    「働き方の変化と社会的格差」日本ドイツ学会『ドイツ研究』44号、20104

 

調査旅行     諏訪資料館・岡谷蚕糸資料館(4)

 

調査旅行     シリア・レバノン(ダマスカス・デリゾール・アレッポ・トリポリ・ベイルート・ビブロス)(3-4)

 

告書公刊   「ドイツにおける仕事と家族の調和政策」『ワーク・ライフ・バランスの実現による次世代育成のための環境整備』(こども未来財団・日本フィランソロピー協会、2009年度報告書、3)

 

ゼミ活動・調査旅行 ゼミ合宿・伊勢神宮・OB訪問(相差・多気)(3.20-22)


ゼミ活動     ゼミ合宿(筑波山)(2.25-27)


調査旅行    桐生織物資料館・桐生紫館・富岡製糸場(2.20)


論文発表        「ワーク・ライフ・バランスの新展開 世界はいま――ドイツで模索される新しい働き方・生き方」かながわ女性会議情報委員会『Womens OpinionVol.48,20102


ゼミ活動       学類ゼミOB(秋葉原、1.17)


2009年

講演             「ドイツにおける仕事と家族の調和政策」
企業とNPOのための協働推進セミナー講演会(1120日、広島)

ゼミ活動        筑波大学学園祭学内研究企画 田中ゼミ「ゼミ生が歩いた世界2009 世界・日本の働く現場から」(1010-12)

調査活動         独ギーセン大学マイヤー・グレーヴェ教授との日本企業調査(9-10)

調査旅行        ウズベキスタン・キルギスタン・カザフスタン(タシケント、フェルガナ、マルギラン、オシュ、ビシュケク、アルマトゥイ)(8)

研究報告      現代史研究会シンポジウム報告「ドイツ社会国家モデルの歴史的形成・発展・変容」「ヨーロッパ社会・経済モデルの歴史的再検討:20世紀ヨーロッパ史から金融危機後」へ (青山学院大学、2009725日)

学会報告        日本ドイツ学会総会報告「働き方の変化と社会的格差」
<格差社会>ドイツ?」2009620日、共立女子大学)

学会報告       
社会政策学会(第118回)報告「ドイツ企業における時間政策と仕事と家庭の調整」2009524日、日本大学)

報告書公刊       こども未来財団・ドイツ企業調査報告書公刊(6)

論文発表         新しい雇用・労働システムを求めて――日本とドイツの比較から」『生活経済政策』 第148号、20095

講演      総合研究大学院大学セミナー講演「研究に必要な力についての個人的省察49日、総合研究大学院大学)

講演       インター・ウニ講演「働き方から見るドイツと日本の国際比較」(38日、獨協大学)

講演       
NPOメディア・イコール講演会(2)

論文発表         EU拡大・グローバル化とドイツ・モデルの葛藤」
津田塾大学国際関係研究所『市場の流動化と社会的結束―仏・独・英の諸相と欧州統合の現段階』IICS Monograph Series, No.1220093

論文発表        「女性商業教育の発展とOLの誕生」
姫岡とし子編『ドイツ近現代ジェンダー史研究入門』青木書店、20092

新聞記事       朝日新聞特集記事掲載「公貧社会-支え合いを求めて.欧州の制度に着目.労働者守り競争力向上」(2009214)

ゼミ活動           ゼミ合宿(2)
ゼミ活動           ゼミOB(1)
ゼミ活動・調査旅行 韓国・北朝鮮(ソウル・板門店)(1月)

講演                茨城県緑岡高校キャリア講演会(1)

調査旅行  ドイツ企業調査(ベルリン、ミュンヒェン、シュトュットガルト、フランクフルト)(1)


2008年

国際ワークショップ主催 外務省招聘フィリピン・マドラサ代表団ワークショップ「イスラーム・近代化・持続的可能性」主催 (11)

 

国際ワークショップ報告 日独国際会議・家族政策のためのワークショップ報告、パネラー(11)

 

学会報告   経営史学会パネル報告(10)

 

調査旅行  ドイツ(シュトュットガルト.ダイムラー・コンツェルン文書館、市・州・国立文書館))(8月)


調査旅行  ウズベキスタン(タシケント、ヌクス、モイナク・アラル海、ヒヴァ、ブハラ、サマルカンド)

(7-8)


学会活動  日本ドイツ学会、筑波大学で開催(編集委員長・実行委員)(6)


論文発表  日本ILO協会『世界の労働』第58巻第6号に論文発表(6)

 

単著公刊  『ドイツの市民と社会』(単著)(特別プロジェクト・モノグラフシリーズ)公刊(5)

 

調査旅行  チュニジア(チュニス、スース、ケロアン・ドゥーズ、トズール、マトマタ、・エルジェム・シディブサイード・カルタゴ)(3月)

 

講演会企画 フローリアン・コールバッハー氏(2)

 

ゼミ活動  総括合宿(2)

 

講演会   福島大学経済学部講演(1)


講演会    福島日独協会講演(1)


ゼミ活動   ゼミOB(1

 

2007年
調査旅行  モンゴル・中国(ウランバートル・ツェツェルレグ・ハラホリン・アルバイケール・テレルジ)+北京(8)

 

調査旅行  ドイツ(ベルリン自由大学・ダイムラー文書館・クルップ文書館)(7)


小論発表  『生活経済研究』5月号・巻頭言「商品化とコミュニケーション」(5)


小論発表  「効率化と社会的コミュニケーション――バングラデシュの市場と日本のコ ンビニ」(「ロゴスドン」70号)6  

 

調査旅行  バングラデシュ(ダッカ-クルナ-バゲルハット- ジョイプールハット-パハルプール-ボグラ-モハスタン-ダッカ)+タイ(バンコク)(3-4)

 

国際会議報告  Frauen zwischen Arbeit und Familie Historisches Analyse der Familienpolitik in japanisch-deutschen Vergleich. Deutsch-Japanischer Workshop zu Fragen der Kooperation im Bereich der Familienpolitik 15. Marz 2007 im Japanisch-Deutschen Zentrum, Berlin日独家族政策ワークショップ国際ワークショップ報告、於ドイツ・ベルリン日独センター(3)

 

書評発表   姫岡とし子『ジェンダー化する社会』書評『社会経済史学』(3)

 

国際シンポジウム・コメンテーター  Coordinating Flexibility and Social Inclusion: Challenges to the European Employment Strategy. Comment to Prof. Erika Szyszczak,‘’After the Lisbon Strategy: Changing Aspects of the Social Dimension of the Enlarging Europe, Tsuda International Conference, Tokyo,EUIJ(EU Institute Japan),13th January 2007 EUIJ国際シンポジウム・コメンテーター(1)

 

講演   津田塾大学国際関係研究所講演会「労働システム再考―ドイツからの問題提起」(1月)

 

小論発表  「アメリカ人再考」(「ロゴスドン」69号)3

 

2006年

Labor Research Library,No.14特集に論説「働きすぎをどう捉えるか―ドイツを通じた日本の相対化」を発表(12)

 

生活経済政策研究所・比較労働運動研究会報告「労働の捉え方・時間の考え方についての日独比較」(11) 

 

経営史学会全国大会パネル報告「ドイツ大企業におけるホワイトカラーの教育とキャリア」(11) 

 

新潟明訓高校・社会学類出張講義(9)

 

 

学園祭学内研究企画2013.11

テーマ「働く現場のリアル」

P1080066

POSSE川村遼平氏講演会


ドイツ調査+ポーランド学会報告

P1040332

総選挙直前のドイツ

「派遣労働を廃止せよ」のポスター


カラコルム・ハイウェイの旅

P1060307

ウイグル・カシュガル

P1070467

フンジェラーブ峠越え

P1070898

パキスタン・カリマバード


台湾 「アタック」

P1030972

P1040157

烏龍茶茶畑(鹿谷)


アメリカ社会科学学会・サンディエゴ

P1030238

    巨大ホテルで学会

 

 


スリランカ

SriLanka (298)

ハプタレー・茶畑

SriLanka (458)


学園祭学内研究企画201210

 

  

テーマ「食の工業化」+シンポジウム

P1020403

チョコレート工場見学


 学園祭学内研究企画2011.10
P1000011

テーマ「エネルギーと社会」

七沢潔氏(NHK)講演会

「放射能汚染の向こうの未来」

P1000025


中東革命最中のヨルダン2011.3


アンマン・アルフセインモスク


2011.3.11でダブル被災


学園祭学内研究企画2010.10

「社会関係資本. 筑波・日本・世界」 


日独国際会議報告・ベルリン2010.9

ルフトハンザ調査

ドイツ鉄道175周年


シリア+レパノン2010.3

ダマスカス・ウマイヤモスク

ベイルート・レバノン 内戦の爪痕


学園祭学内研究企画2009

「ゼミ生が歩いた世界2009
「世界・日本の働く現場から」


ウズベキスタン再訪+キルギスタン:カザフスタン20108

フェルガナ・マルギランにて


韓国・北朝鮮国境板門店2009.1


ドイツ企業調2009.1

ドイツ家族省にて

ダイムラー社保育園にて

雪の中のSAP本社


ドイツ資料収集2008.8

仕事場


ウズベキスタン2008.7-8

アラル海消滅の衝撃

華麗なサマルカンド


チュニジア2008.3

サハラ砂漠で砂嵐に遭遇


モンゴル草原2007.8

ゲルとソーラー

搾乳は手作業


ドイツ資料収集2007.7

仕事場

朝食


バングラデシュ2007.3-4

ダッカの下町

バゲルハットへ