2017/11/27更新



お知らせ
2015年以降に刊行した本や論文など(単著、編著、共著)

■関根久雄「地域開発と『文化的交叉評価』の可能性−ソロモン諸島における農村開発活動の事例から」、『開発学研究』28巻1号、pp.54-63、2017年11月、日本国際地域開発学会。


■関根久雄「太平洋島嶼地域におけるサブシステンスと持続可能な開発」、『開発学研究』27巻3号、pp.7-15、2017年3月、日本国際地域開発学会。


■信田敏宏・白川千尋・宇田川妙子編『グローバル支援の人類学―変貌するNGO・市民活動の現場から』昭和堂、2017年3月所収論文
 関根久雄著「なぜ持続しないのか―ソロモン諸島における開発NGOの実践と矛盾」pp.251-270。

←画像をクリック


■Hisao Sekine, "Volunteer Disappointment and Outcome of Activities−Regional Perspective of Japan Overseas Cooperation Volunteers (JOCV)−", JICA Tesearch Institute Working Paper No.116, 2016年2月. →go to the JICA-RI website


■関根久雄編 『実践と感情−開発人類学の新展開−』、春風社、2015年10月
←画像をクリック


■関根久雄著 『地域的近代を生きるソロモン諸島−紛争・開発・「自律的依存」−』、筑波大学出版会、2015年10月

←画像をクリック