研究テーマ
奏者向け情報
アルバム
お問合せ
 

6月 国際会議で研究発表

IUFRO Division 5 Conferenceで研究成果を発表しました。

 
院生のSさん、Zさんがポスター賞の1、2位を独占!


ブリティッシュコロンビア大の教育森林を見学


ブリティッシュコロンビア大の森林科学研究棟

  ブリティッシュコロンビア大の音響研究室を訪問


3月 リコーダー工房見学

みかんの木プロジェクトの一環で、みかんの木を使ったリコーダーの製作が行われている竹山木管楽器製作所を訪れました。



3月 周防大島訪問(みかんの木プロジェクト)

みかんの産地、山口県の周防大島町では、みかんの廃木を使って楽器を作ろうというプロジェクトが進行しています。単に楽器を作って売るのではなく、楽器の製作や演奏を通じて町民が音楽に親しみ、地元のみかんに誇りをもてるようにしようという取り組みで、当研究室もささやかながらお手伝いをしています。



3月 日本木材学会大会@九州大学

九州大学で開かれた日本木材学会大会に参加しました。


3月 葦原の調査

 篳篥の蘆舌用葦材の収集と葦原の調査に行きました。

芦焼きをした後の鵜殿の葦原。昨年は芦焼きができませんでしたが、今年はきれいに焼けています。今年は葦がすくすく成長することを期待しています。

 

焼け野原に見えますが、すでに葦以外の植物(たぶんカナムグラ)が芽を出しています。葦の生育が阻害される可能性があります。

 

商業的に葦を伐採している京都の向島(左)と滋賀の西湖(右)です。葦が整然と刈り取られています。蘆舌に使える良質の葦が採れるかどうか、今後検討する予定です。

 

緑化技術センターでは、鵜殿の葦を移植し、人工栽培試験を行っています。2年目に入り、かなり太い葦が採れるようになりました。これからつくばで詳しく調べます。