### カテゴリ文法入門 (Introduction to categorial grammar) 形式意味論と相性のいい統語論の理論である、カテゴリ文法の入門的内容を扱います。Robert Levine先生のレクチャー (英語) を中心に進めます。準備が間に合えば、なるべく練習問題をたくさん解きながら進める予定です。ちょっと毛色の変わった統語論の理論の入門と統語論寄りの形式意味論入門の二兎を(あえて)追う内容にする予定です。 We offer a lecture-based introduction to category grammar, a syntactic theory that has a smooth interface to formal semantics. The material will be introduced mainly by Professor Robert Levine's lectures (in English). Participants are expected to work on many exercises, both in class and as homework assignments. We aim to achieve a two-pronged goal of introducing the basic techniques in compositional semantics and some of the fundamental ideas common to all 'non-transformational/lexicalist' variants of generative grammar. #### Time and place Time: Monday 10:00-12:00 Place: Jinsha-tou A202 (人社棟2階A202) #### Schedule 1/29: Introduction to categorial grammar 1 [**SLIDES 'Valence, rules and proof'**](Tsukuba_lectures_1-slides-hdt.pdf) 2/5: Introduction to categorial grammar 2 [**SLIDES 'Syntax as deduction'**](Tsukuba_lectures_2-slides-hdt.pdf), [**Exercises**](assignment1.pdf) 2/13 (**Tue**): Adding semantics [Room change: We'll be meeting in **A205** on this day.] [**SLIDES 'Adding semantics'**](Tsukuba_lectures_3-slides-hdt.pdf) 2/19: Adding semantics 2 2/26: Basic clause structure [**SLIDES 'Basic clause structure'**](Tsukuba_lectures_4-slides-hdt.pdf) 3/5: The lambda calculus [**SLIDES 'The lambda calculus'**](Tsukuba_lectures_5-slides-hdt.pdf), [**Exercises**](lambda-exercises.pdf) 3/12: Raising and control [**SLIDES 'Raising and control'**](Tsukuba_lectures_6-slides-hdt.pdf) 3/19 (10:00-12:00 A202, 13:30-15:30 **A201**): Quantification via prosodic lambda abstraction [**SLIDES 'Quantification'**](Tsukuba_lectures_7-slides-hdt.pdf) #### 対象者 興味がある人は誰でも歓迎です。特に以下のようなことに興味がある人は積極的に参加してもらえるといいかと思います。 - GB理論やミニマリスト理論以外の統語論がどのようなものか一応知っておきたい - 主に統語論をやっているが、統語と意味のインターフェイスを扱うために形式意味論を道具として使えるようになりたい - 形式意味論を学んでみたが挫折したので勉強し直したい 集合論の基礎やラムダ計算などの形式意味論の基礎はある程度あったほうが望ましいですが、あまりそのようなことを知らないけれど興味があるので受講したいという方は、窪田に相談してください。 #### 連絡先 窪田悠介 (kubota.yusuke.fn |AT| u.tsukuba.ac.jp) #### テキスト 主にスライドを使う予定です。関連論文の情報などは適宜示します。 #### 謝辞 本研究会の開催はJSPS科研費15K16732、並びにOSU Larger Grant Award for Arts and Humanitiesの助成を受けています。