写真

著書

5. Kiyokazu Kawada (2015) Overview of Vegetation in North Africa, In the Sustainable North African Society: Exploring the Seeds and Resources for Innovation (Eds. Isoda. H, Neves, M.A. and Kawachi, A.), Nova Science Publisher, New York, ISBN: 978-1-63463-220-1

4. Kiyokazu Kawada (2015) Activity Reports of ARENA in North Africa, 5. Morocco, In the Sustainable North African Society: Exploring the Seeds and Resources for Innovation (Eds.. Isoda. H, Neves, M.A. and Kawachi, A.), Nova Science Publisher, New York, ISBN: 978-1-63463-220-1

3. 川田清和 (2010) なぜ外来雑草は河川で蔓延するのか 種生物学会編 外来生物の生態学.文一総合出版 pp. 77-81

2. 川田清和 (2009) 耐乾草本 沙漠学会編 沙漠の事典. 丸善株式会社 p. 130

1. 鞠子茂・廣田充・川田清和・浦野忠朗 (2007) 草原における炭素循環 中村徹 編 草原の科学への招待. 筑波大学出版会 pp. 91-94

論文

27. Nobuhiko Shigyo, Kiyoshi Umeki, Haruka Ohashi, Kiyokazu Kawada, Toshihide Hirao (2017) Phylogenetic constraints to soil properties determine elevational diversity gradients of forest understory vegetation. Plant Ecology doi:10.1007/s11258-017-0732-z

26. Kiyokazu Kawada, Kohei Suzuki, Hideki Suganuma, Abderrazak Smaoui and Hiroko Isoda (2015) Protective effects of vegetation in the Chambi National Park in Tunisia. Journal of Arid Land Studies 25(3): 165-168

25. Koichiro Oguma, Kenji Tamura, Takashi Kamijo, Kiyokazu Kawada, Undarmaa Jamsran (2015) Characteristics of soil under the forest steppe in Mongolia. Journal of Arid Land Studies 25(3): 145-148

24. Munkuu Undraa, Kiyokazu Kawada, Chimidnyam Dorjsuren, Takashi Kamijo (2015) After Fire Regenerative Successions in Larch (Larix sibirica Ledeb.) Forests of the Central Khangai in Mongolia. Siberian Journal of Forest Science:

23. Kiyokazu Kawada, Wuyunna Borjigin, Toru Nakamura (2015) Agricultural Activities of a Meadow Eliminated Plant Litter from the Periphery of a Farmland in Inner Mongolia, China. PLOS ONE: DOI:10.1371/journal.pone.0135077

22. Kiyokazu Kawada, Tsagaanbandi Tsendeekhuu, Naidan Narantuya, Mayu Kurosu and Toru Nakamura (2015) Stand quality assessment using a modified stand quality index in Mongolian steppe. Vegetation Science 32(1): 49-56

21. Kiyokazu Kawada, Ayaka Yamashita, Tsagaanbandi Tsendeekhuu and Toru Nakamura (2014) Community Structure and Productivity in Western Mongolian Steppe. Mongolian Journal of Biological Sciences 12(1-2): 19-26

20. Shinchilelt Borjigin, Kiyokazu Kawada, Naoyuki Nishimura, Takashi Kamijo, Toru Nakamura(2014)The effect of deferred spring grazing on the vegetation of the Xilingol grassland. Sand Dune Research 60(3): 115-128

19. Anna Ohtera, Yusaku Miyamae, Naomi Nakai, Atsushi Kawachi, Kiyokazu Kawada, Junkyu Han, Hiroko Isoda, Mohamed Neffati, Toru Akita, Kazuhiro Maejima, Seiji Masuda, Taiho Kambe, Naoki Mori, Kazuhiro Irie, and Masaya Nagao (2013) Identification of 6-octadecynoic acid from a methanol extract of Marrubium vulgare L. as a peroxisome proliferator-activated receptor gamma agonist. Biochem Biophys Res Commun. 440: 204-209

18. Mondher Boulaaba, Khaoula Mkadmini, Soninkhishig Tsolmon, Junkyu Han, Abderrazak Smaoui, Kiyokazu Kawada, Riadh Ksouri, Hiroko Isoda and Chedly Abdelly (2013) In Vitro Antiproliferative Effect of Arthrocnemum indicum Extracts on Caco-2 Cancer Cells through Cell Cycle Control and Related Phenol LC-TOF-MS Identification. Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine, Article ID 529375, 11 pages

17. Hideki Suganuma, Kiyokazu Kawada, Abderrazak Smaoui, Kohei Suzuki, Toshinori Kojima and Yukuo Abe (2012) Allometric equations and biomass amount of representative Tunisian arid land shrubs for estimating baseline. Journal of Arid Land Studies 22(1): 219-222

16. Kiyokazu Kawada, Kohei Suzuki, Hideki Suganuma, Abderrazak Smaoui and Hiroko Isoda (2012) Plant biodiversity in the semi-arid zone of Tunisia. Journal of Arid Land Studies 22(1): 83-86

15. Yoichi Shimoda, Junkyu Han, Kiyokazu Kawada, Abderrazak Smaoui, Hiroko Isoda (2012) Metabolomics Analysis of Cistus monspeliensis Leaf Extract on Energy Metabolism Activation in Human Intestinal Cells. Journal of Biomedicine and Biotechnology Article ID 428514, 7 pages

14. Abdelfatteh El Omri, Junkyu Han, Kiyokazu Kawada, Manef Ben Abdrabbah, Hiroko Isoda (2012) Luteolin enhances cholinergic activities in PC12 cells through ERK1/2 and PI3K/Akt pathways. Brain research 1437: 16-25

13. Kiyokazu Kawada, Wuyunna and Toru Nakamura (2011) Land degradation of abandoned croplands in the Xilingol steppe region, Inner Mongolia, China. Grassland Science 57(1): 58-64

12. Abdelfatteh El Omri, Junkyu Han, Parida Yamada, Kiyokazu Kawada, Manef Ben Abdrabbah, Hiroko Isoda (2010) Rosmarinus officinalis polyphenolsactivate cholinergic activities in PC12 cells through phosphorylation of ERK1/2. Journal of Ethnopharmacology 131:451-458

11. Kiyokazu Kawada, Mayu Kurosu, Yunxiang Cheng, Tsagaanbandi Tsendeekhuu, Wuyunna, Toru Nakamura and Ichiroku Hayashi (2008) Floristic Composition,Grazing Effects and Above-ground Plant Biomass in the Hulunbeier Grasslands of Inner Mongolia, China. Journal of Ecology and Field Biology 31(4):297-307.

10. Ichiroku Hayashi, Kiyokazu Kawada, Mayu Kurosu, Amgaa Batjargal, Tsagaanbandi Tsundeekhuu and Toru Nakamura (2008) Grazing Effects on Floristic Composition and Above Ground Plant Biomass of the Grasslands in the Northeastern Mongolian Steppes. Journal of Ecology and Field Biology 31(2):115-123.

9. Mitsuru Hirota, Kiyokazu Kawada, Qiwu Hu, Tomomichi Kato, Yanhong Tang, Wenhong Mo, Guangmin Cao and Shigeru Mariko (2007) Net primary productivity and spatial distribution of vegetation in an alpine wetland, Qinghai-Tibetan Plateau. Limnology 8(2):161-170

8. 川田清和・浦野忠朗・李吉宰・鞠子茂・中村徹 (2007) モンゴル国Kherlen Bayan-Ulaanにおける過放牧環境下の植物群落の種類組成と地上部現存量の変動. 沙漠研究 17(1);1-10

7. Maki Asano, Kenji Tamura, Kiyokazu Kawada and Teruo Higashi (2007) Morphological and physico-chemical characteristics of soils in a steppe region of the Kherlen River basin, Mongolia Journal of Hydrology 333: 100-108

6. Ichiroku Hayashi, Kiyokazu Kawada, Aigul Akimova and Toru Nakamura (2006) Floristic composition and plant biomass of the grasslands in the vicinity of Pavlodar, Kazakhstan Grassland Science 52(3): 141-146

5. Kiyokazu Kawada, Alexandra G. Vovk, Olga V. Filatova, Masayuki Araki, Toru Nakamura and Ichiroku Hayashi (2005) Floristic composition and plant biomass production of steppe communities in the vicinity of Kharkiv, Ukraine. Grassland Science 51(3): 205-213

4. 川田清和・西村香・程云湘・中村徹 (2005) 内蒙古シリンゴル盟にある一農場の社会状況. 沙漠研究15(1);27-36

3. 荒木眞之・川田清和 (2004) 内蒙古草原の乾燥度区分. 森林立地46(2);103-110

2. 川田清和・中村徹 (2003) 半乾燥地強風下における農耕地由来の風積砂土が草原生態系に与える影響. 沙漠研究13(3);173-181

1. 烏云娜・林一六・中村徹・上條隆志・川田清和(2002) 内蒙古シリンゴル草原の衛星画像による景観分析. 沙漠研究12(2);67-76

総説・その他

8. 川田清和 (2017) バイオロギング技術を用いた過放牧による砂漠化プロセス解明への試み アグリバイオ 1(5): 67-69

7. 川田清和 (2016) ステップの群落構造を研究する.ミュージアムパーク茨城県自然博物館 モンゴル・ステップ・大草原-花と羊と遊牧民-;p 21

6. 川田清和・鈴木康平・菅沼秀樹・Abderrazak Smaoui・礒田博子 (2014) チュニジア・シャンビ国立公園の植生保護効果について. 沙漠研究24(3);327-330

5. 川田清和(2009)失敗しますた(笑).Wildlife Forum 13(1);39-42

4. 川田清和・Abdelfatteh EL Omri・礒田博子 (2009) 北アフリカ資源植物のデータベース化. 沙漠研究18(4);189-192

3. 中村 徹・礒田博子・Abderrazak Smaoui・川田清和 (2009) 北アフリカの森林帯概説 ~垂直分布と水平分布~. 沙漠研究18(4);161-165

2. 川田清和 (2004) 内蒙古自治区の砂漠化. ミュージアムパーク茨城県自然博物館 開館10周年記念企画展 恐竜たちの足音が聞こえる[中国そして日本]p 56

1. 川田清和(2004)ウクライナのハリコフ周辺のステップについて. 植生情報8:26-29

知的財産

2. Tamarix gallica抽出物によるヒト大腸由来細胞の増殖抑制効果及びその利用方法

1. ATP産生促進剤,およびその利用

海外研究活動歴

渡航期間 国名 活動内容
2017. 5~2017. 5 モロッコ マラケシュ周辺における生物資源探索
2017. 2~2017. 3 モロッコ アトラス南麓における生物資源探索
2016.12~2016.12 モロッコ マラケシュ周辺における生物資源探索
2016. 8~2016. 9 モンゴル フスタイ国立公園における植生調査
2016. 7~2016. 8 中国 内蒙古自治区フルンバイル草原における植生調査
2016. 6~2016. 7 モンゴル フスタイ国立公園における植生調査
2015. 8~2015. 9 モンゴル フスタイ国立公園における植生調査
2015. 7~2015. 8 中国 内蒙古自治区フルンバイル草原における植生調査
2015. 6~2015. 6 モンゴル フスタイ国立公園における植生調査
2015. 5~2015. 5 中国 内蒙古自治区四子王旗における植生調査
2014. 9~2014. 10 モンゴル フスタイ国立公園における植生調査
2014. 7~2014. 8 モンゴル フスタイ国立公園における植生調査
2013. 6~2013. 6 モンゴル フスタイ国立公園における植生調査
2012. 8~2012. 9 チュニジア ケロアン県,ガベス県における生物資源探索
2012. 8~2012. 8 モンゴル ヘンティ県における植生調査
2012. 7~2012. 8 モンゴル アルタイ県における植生調査
2012. 7~2012. 7 モロッコ マラケシュ,アガディールにおける共同研究打ち合わせ
2012. 3~2012. 3 チュニジア ザグアン県における植生調査および生物資源探索
2012. 3~2012. 3 モロッコ ラバト,マラケシュ,アガディールにおける共同研究打ち合わせ
2012. 3~2012. 3 モンゴル モンゴル農業大学にて講義
2011.12~2011.12 モロッコ ラバト,マラケシュ,アガディールにおける共同研究打ち合わせ
2011.12~2011.12 エジプト カイロ,ミニヤにおける共同研究打ち合わせ
2011.11~2011.11 チュニジア ザグアン県・メドニン県における生物資源探索
2011. 9~2011. 9 チュニジア ザグアン県・メドニン県における生物資源探索
2011. 7~2011. 7 モンゴル フスタイ国立公園における植生調査
2011. 6~2011. 7 チュニジア ザグアン県・メドニン県における生物資源探索
2011. 6~2011. 6 中国 大連民族大学にて講義
2011. 4~2011. 4 チュニジア ザグアン県・メドニン県における植生調査および生物資源探索
2010.12~2010.12 チュニジア ザグアン県における生物資源探索
2010.11~2010.11 チュニジア アインドラハム県,ザグアン県における植生調査
2010. 7~2010. 7 モンゴル オブス県,ホブト県における植生調査
2010. 6~2010. 6 チュニジア チュニス県,スファックス県,メドニン県における研究打ち合わせ
2010. 4~2010. 4 チュニジア アインドラハム県,ナブール県,ザグアン県における植生調査
2010. 3~2010. 3 チュニジア アインドラハム県,ルケフ県,ザグアン県における生物資源探索
2010. 1~2010. 1 フィリピン アテネオ・デ・マニラ大学にて講義
2009.11~2009.11 チュニジア 国際学会に参加,カッセリーン県,ガフサ県における植生調査
2009.10~2009.10 チュニジア チュニスにおける共同研究打ち合わせ
2009. 9~2009.10 アルジェリア アルジェにおける共同研究打ち合わせ
2009. 7~2009. 7 中国 新疆ウイグル自治区における植生調査
2009. 7~2009. 7 アルジェリア アルジェ,ビスクラにおける共同研究打ち合わせ
2009. 7~2009. 7 チュニジア チュニスにおける共同研究打ち合わせ
2009. 3~2009. 3 モロッコ ラバト,フェズ,イフレンにおける共同研究打ち合わせ
2008.12~2008.12 中国 北京における国際会議に参加
2008.11~2008.11 チュニジア 国際学会に参加,カッセリーン県,ガフサ県における植生調査
2008. 7~2008. 7 カザフスタン アスタナ,アクトベ周辺における植生調査
2008. 6~2008. 7 チュニジア チュニジア全域における生物資源探索
2007. 7~2007. 7 モンゴル ハヤンホンゴル県における植生調査
2006. 7~2006. 7 中国 内蒙古自治区フルンバイル草原における植生調査
2005. 7~2005. 7 モンゴル ヘンティ県における植生調査
2004. 7~2004. 7 カザフスタン パブロダール州・アルマティ州における植生調査
2004. 2~2004. 2 中国 青海省における植生調査
2003. 7~2003. 8 中国 内蒙古自治区シリンゴル草原における植生調査
2003. 7~2003. 7 ウクライナ ハリコフ州における植生調査
2002. 8~2002. 8 モンゴル ヘンティ県における植生調査
2002. 7~2002. 7 中国 内蒙古自治区シリンゴル草原における植生調査
2002. 6~2002. 6 モンゴル ヘンティ県における植生調査
2001. 7~2001. 8 中国 内蒙古自治区シリンゴル草原における植生調査
2000. 7~2000. 7 中国 内蒙古自治区シリンゴル草原における植生調査