top _pictureホームメンバー研究活動卒業後の進路アクセスリンクEnglish

はじめに

 筑波大学育林学・自然保護学研究室では,生物と環境との関わりを中心に研究しています。フィールドワークを通じていろいろな生き物の生態を知り,そこに生物が存在する理由を考え,自然を理解する力を身につけることができます。研究フィールドは幅広く,森林,草原,沙漠を対象に国内外で研究活動を行なっています。

4,

モロッコの平地に広がるオリーブ畑(川田撮影)

ニュース(30.12.5更新)

 上條隆志先生がNHK高校講座の生物基礎に出演します(30.12.4).New!!

 中村徹先生がNHK高校講座の生物基礎に出演します(30.12.11,18).New!!

 津田吉晃先生が着任しました(30.12.1).New!!

 研究室忘年会を12/18(火)に行います.忘年会前の大掃除も忘れずに参加してください!New!!

 生態学会大会の発表要旨の締め切りは2019年2月13日です.New!!

 中村徹先生の古希祝いを12月22日(土)に開催します.OBOGの皆さまのご参加をお待ちしています.New!!

更新情報(30.12.5更新)

 日大で四大学交流会を開催しました.今年は4位でした.来年リベンジしましょう!(30.10.20)New!!

 植生学会で相原が研究成果を発表しました(30.10.20-23).

 M1小沼君が一般社団法人日本森林技術協会「学生森林技術研究論文コンテスト」で森林学会会長賞を受賞しました!(30.6.29)

 6/12にカツヲの会を開催しました(30.6.12).

 M2高橋君が日本沙漠学会大会においてベストポスター賞を受賞しました!(30.5.26-27)

 D1(社会人)の吉田さんによるセミナーを行いました(30.5.15).

 H30年度の研究室所属学生は33名(博士課程12名,修士課程12名,学類生8名,研究生1名)です.

 新年度が始まりました.まずは研究計画をしっかり立てましょう!

研究室行事カレンダー(随時更新)