Web コンテンツの公開

Web コンテンツの公開申請

www フォルダを Web 公開するための申請は、利用者システムから行ってください。

公開コンテンツの配置方法

全学計算機システムの端末、またはリモートアクセスにより自分のユーザホームにある www フォルダ (www ディレクトリ) の中に公開コンテンツ (HTML など) を配置してください。

例えば、www フォルダの中に aaa.html という HTML ファイルを配置した場合、

http://www.u.tsukuba.ac.jp/~ユーザID/aaa.html

という URL の Web ページとして公開されます。(https:// で始まる URL の Web ページを公開したい場合は、wwws フォルダの中に配置してください。)

※注意: いったん www や wwws フォルダの中にファイルを配置すると、それらのファイルは全世界に公開され、誰にでも閲覧可能になります (アクセス制限をかけた部分を除く)。公開しても良いファイルのみを配置するようにしてください。

簡単にアクセス制限をかけたい場合は www や wwws の中のどこかに local_only という名前のフォルダ (ディレクトリ) を作ってご利用ください。local_only の中に置いたコンテンツは、全学計算機システムの端末 (リモートデスクトップを含む) だけから閲覧できます。

local_only

www や wwws の直下でなくとも、local_only という名前のついたフォルダ (ディレクトリ) であれば、どの階層でもアクセス制限がかかります。

www フォルダ (www ディレクトリ) の具体的な場所については下記を参照してください。

Windows 端末から見た www フォルダの場所

エクスプローラーを起動して、左側のメニューの「PC」を選択し、「ネットワークの場所」にある W: ドライブを開きます。
W: Drive

すると、W: ドライブの中に www フォルダがあります。

Linux 端末から見た www ディレクトリの場所

ホームディレクトリの下に www という名前のディレクトリがあります。パスは /home/ユーザID/www です。

CGI の使用について

CGI の使用方法については、こちらのページをご覧ください。

Web,CGI サーバのログの確認

Web サーバ, CGI サーバのアクセスログ, エラーログの確認は、利用者システムから行ってください。