全学計算機システム: 教職員向けお知らせ


平成 29 年度秋学期に向けた全学計算機システムへのソフトウェア導入希望調査について(平成 29 年 6 月 21 日)

平成 29 年度秋学期に向けた全学計算機システムへのソフトウェア導入希望調査を実施いたします。

資料および様式

注意事項

  1. 導入対象となるのは授業で使用するソフトウェアです。
  2. 導入対象のソフトウェアは、上記資料にある「全学計算機システム (共通教育システム) における教育用ソフトウェア導入に関するガイドライン」に則り、4 つのカテゴリに分類しています。今回の導入対象はカテゴリ III および IV です。
  3. 本システムでは Windows 10 環境、Linux 環境があります。Windows 環境へのソフトウェア導入については、上記 2. のガイドラインに記載されている条件を満たしているものだけが導入可能です。
  4. 教育組織からのご要望で導入したにも関わらず利用実績のないソフトウェアが見受けられます。たとえフリーソフトウェアであっても、導入・配信・保守等のコストがかかります。真に必要なもののみご要望いただけますようお願いします。
  5. 有償のソフトウェアを導入する場合の購入経費は、開設母体側でご負担頂くことが前提となります。導入作業費についても開設母体側での負担が望ましく、情報環境機構側で負担する場合、負担額によっては導入をお断りする場合があります。
  6. 導入時・保守時の動作確認は開設母体側で行っていただきます。動作確認を行っていただけない場合、当該ソフトウェアの導入は正常に完了したものとみなし、以後の障害対応はしません。
以上


筑波大学情報環境機構学術情報メディアセンター
Top