メール転送設定 (Active!mail)

こちらのページでは、@u アドレス (@u.tsukuba.ac.jp) 宛のメールを別のメールアドレスへ転送する方法について説明します。

下記を参考に、Active! mail の転送設定画面から設定してください。

設定後は、テストメールを送るなどして、転送設定が正しくなされているか確認してください。

注意点

  • 2017 年度以降入学の学生は、@u アドレス宛のメールは自動的に @s アドレスに転送され、転送先の変更はできません (このページのやり方で設定を行っても無効となります)。
  • メールの転送経路にループを作らないようにご注意ください。特に、@s アドレス宛のメールを @u アドレスに転送する設定を行っている人は、絶対に @u アドレス宛のメールを @s アドレスに転送する設定を行わないようにしてください。
  • @u アドレスのサーバに保存できるメールの容量は 3 GB までです。下記で、「転送したメールをサーバに残す」にチェックを入れて設定した場合は、時々使用量をチェックして、不要なメールを削除したり、必要なメールはバックアップを取って削除するなど、容量制限に収まるようご注意ください。(メールボックス使用量は、Active!mail にログインした後、最初に出てくる画面の真ん中下の方に表示されます。)

転送設定の仕方

    ユーザ ID 及びパスワードを入力して [ログイン] をクリック。

  • ユーザ ID : 「s」+ 学籍番号下 7 桁 (または、family.given.xx の形の ID)
  • パスワード: 「統一認証パスワード」
  • 言語選択 : 表示言語を切り替えることができます。


画面上部のタブ [ツール] のプルダウンから [転送] をクリック。


[新規作成] をクリック。


任意の [設定名] を入力し、[有効]、[すべてのメールを転送] (※1) をチェックする。
(※1 特定のメールのみを転送したい場合は、「条件設定」で [すべての条件に一致] または [いずれかの条件に一致] をチェックし、条件を指定する。)
「転送設定」のプルダウンから [次のアドレスに転送] を選択、転送先アドレスを入力し [OK] をクリックする。


作成した転送設定が表示されているか確認する。
また、@u アドレス (ユーザ ID @u.tsukuba.ac.jp) あてにテストメールを送付し、転送が機能していることを確認する。

携帯メールへの転送

転送したはずのメールが、携帯メール側でブロックされてしまうことがあります。各携帯キャリアの説明ページは以下のようです。

転送がなされない場合は、各キャリアの説明にしたがって、tsukuba.ac.jp ドメインからのインターネットメールの受信を許可してください。