メール転送設定 (Office 365)

こちらのページでは、@s アドレス (@s.tsukuba.ac.jp) 宛のメールを別のメールアドレスへ転送する方法について説明します。

下記を参考に、Office 365 のメール転送設定メニューから設定してください。

設定後は、テストメールを送るなどして、転送設定が正しくなされているか確認してください。

注意点

  • メールの転送経路にループを作らないようにご注意ください。特に、@u アドレス宛のメールを @s アドレスに転送する設定を行っている人は、絶対に @s アドレス宛のメールを @u アドレスに転送する設定を行わないようにしてください。
  • @s アドレスのサーバに保存できるメールの容量には限りがあります。下記で、「転送されたメッセージのコピーを保持する」にチェックを入れて設定した場合は、時々使用量をチェックして、不要なメールを削除したり、必要なメールはバックアップをとって削除するなど、容量制限に収まるようご注意ください。 (メールボックス使用量は、Office 365 にサインインした後、右上の歯車マークをクリックして、「アプリの設定」の「メール」を選択し、表示されたメニューの中から [全般]-[マイ アカウント] をクリックすると、右下の方に表示されます。)

転送設定の仕方

まず、Office 365 にサインインします。

    ユーザー名及びパスワードを入力して [ログオン] をクリックします。

  • ユーザー名: 「s」+ 学籍番号下 7 桁
  • パスワード: 「統一認証パスワード」


Office 365 のポータルで右上の歯車マークをクリックし、「アプリの設定」の「メール」を選択します。


[メール]-[アカウント]-[転送] をクリックします。


「転送を開始する」のラジオボタンにチェックを入れ、「メールの転送先」に転送先のアドレスを入力します。
転送されるメールのコピーを残しておきたい時は、「転送されたメッセージのコピーを保持する」にチェックを入れてください。

入力内容に間違いがいないか確認し、「保存」をクリックします。

最後に、自分の @s アドレス (s + 学籍番号下 7 桁@s.tsukuba.ac.jp) 宛にテストメールを送信し、転送が機能していることを確認してください。

※転送設定を解除したい場合は、「転送を停止する」にチェックを入れて、「保存」をクリックします。転送先のアドレスを変更したい場合なども、いったん転送を停止してから再度設定してください。

転送先に複数アドレスを指定したい場合

上記の方法では転送先に複数のメールアドレスを指定することはできません。複数のメールアドレスに転送されるようにしたい場合には、以下のような方法があります。

  1. あらかじめ「連絡先」で、転送先として指定したいメールアドレスを登録しておきます。
    People
    Contacts
  2. メール設定の [自動処理]-[受信トレイと一括処理ルール] から、「受信トレイのルール」を追加します。
    Inbox rules

    • 「名前」には任意のルール名を入力します。
    • すべての受信メールを転送したい場合は、条件は [すべてのメッセージに適用] とします。(何か条件を満たすメールだけを転送したい場合はその条件を選択してください。)
    • 実行する項目として、[転送、リダイレクト、または送信]-[メッセージを次へリダイレクトする] を選択します。
      ※この項目でいう「転送」と「リダイレクト」の違いについては、こちらのヘルプをご参照ください。大まかにいえば、転送先で元の送信者から受信したように表示されるのが「リダイレクト」、自分が転送したメッセージとして表示されるのが「転送」となっています。本件の趣旨としては「リダイレクト」の方が意図に近いと思われます。
  3. 転送 (リダイレクト) する連絡先を指定します。このとき、一度に複数の連絡先を指定することができます。
    Redirect to
  4. 受信トレイのルールが正しく追加されているかを確認します。
    Added the Inbox rule
  5. 最後に、テストメールを送信し、転送 (リダイレクト) が機能しているかどうかを確認してください。

携帯メールへの転送

転送したはずのメールが、携帯メール側でブロックされてしまうことがあります。各携帯キャリアの説明ページは以下のようです。

転送がなされない場合は、各キャリアの説明にしたがって、tsukuba.ac.jp ドメインからのインターネットメールの受信を許可してください。