既定のアプリを変更する方法 (Windows)

既定のアプリの変更

ファイルをダブルクリックした時に起動するソフト (既定のアプリ) を変更するには、次のようにします。

  1. 対象のファイルを右クリックして、出てくるメニューの中から「プログラムから開く」 → 「別のプログラムを選択」を選択します。
    Open-with
  2. すると次のウィンドウが表示されるので、「その他のオプション」から起動させたいソフト (アプリ) を選択します。目的のソフト (アプリ) が一覧になければ、「その他のアプリ」をクリックしてさらに候補を表示させてください。
    How-open
  3. ソフト (アプリ) を選択したら、「常にこのアプリを使って [拡張子] ファイルを開く」のチェックを入れて「OK」をクリックします。([拡張子] の部分は、開こうとしているファイルの拡張子が表示されます。上の図では .png の部分が拡張子です。)
  4. チェックを入れたことにより、次から同じ種類 (拡張子) のファイルをダブルクリックすると、上記で選択したソフト (アプリ) が起動するようになります。

ファイル名の拡張子について

ファイル名の最後についている “.” (ドット) 以降の文字列を拡張子といいます。これは OS (や人間) がファイルの種類を判別しやすいようにつけられているものです。(ただし必須ではなく、ファイル名に拡張子をつけないことや、ファイルの種類に関係ない拡張子をつけることも可能です。)

拡張子の例:

.pdf       PDF (Portable Document Format) 形式のファイル

.docx     Microsoft Word ファイル

.txt       テキストファイル

Windows には、拡張子ごとにソフト (アプリ) を関連付ける機能があり、それが上記の「既定のアプリ」です。

また、Windows のデフォルト設定では、ファイル名の拡張子は非表示になっているのでご注意ください。Windows 10 で拡張子の表示・非表示の設定を確認するには、フォルダを開いた際に、上側の「表示」タブをクリックして、「表示/非表示」の欄の「ファイル名拡張子」のチェックが入っているかどうかを確認します。
Folder Option

拡張子を表示させたい場合は、ここにチェックを入れておきます。

表示例:

  • 拡張子が非表示の場合
    extension-off
  • 拡張子が表示されている場合
    extension-on