全学計算機システム (共通教育システム)

筑波大学 お問い合わせ
詐欺メールに注意
Gmail および MSN に転送したメールが SPAM 扱いされてしまわない設定方法を追記しました。
別パターンの詐欺メールについて掲載しました。

News


端末の不具合対策実施について (2014.04.17)

現在起きている端末の不具合対策のため、下記の期間端末の反応が非常に 重くなることがあります。予めご了承下さい。

4月 18日(金) 0:00 ~ 08:00

システム障害によるPC端末レスポンス低下について Performance loss of PC terminals concerning to system trouble (2014.04.15)

4/15 13:00 頃から 15:00 頃の間、システム障害により、以下の不具合 が発生しました。
  • PC 端末のアプリケーション起動等のレスポンス低下
  • ユーザのホーム領域 (Zドライブ) へのファイルアクセスのレスポンス低下
ご迷惑をお掛けしましたことをお詫び申し上げます。

■暫定対応
アプリケーションの設定ファイル等の保存先(AppData)を ユーザのホームから PC 端末のローカル領域(c:)に設定 変更しました。
(普通の「保存」作業ではホーム (z:) に保存されます)
■暫定対応による影響
     
  • 現在、一時的にMicrosoft Outlook、Thunderbirdを使用不可としています。
  •  
  • アプリケーション設定(保存先やインターフェース設定等)が保存されません。
       例)Firefox、Thunderbird等
  •  
  • c:\AppData の下にデータを保存した場合、当該データはログオフとともに 消滅します。
    (デフォルトでは c:\AppData に保存する設定にはなっていません)
■抜本対策
 
対策方法を検討中のため、もうしばらくお待ち下さい。
■おねがい
c:\AppData の下にデータを保存しないで下さい。
A system failure occurred from 4/15 13:00 to 15:00 caused following performance losses of PC terminals.
  • Application launch
  • File access to user home (Z drive)
We are very sorry for this trouble

* Quick Fix by System Engineer
AppData folder (where application settings will be stored) is moved from user home to (terminal PC's) local HDD (C:)
(Usually. user data will be stored to user home (Z:) as before)
* Drawback of this Quick Fix
     
  • Microsoft Outlook and Thunderbird are temporarily unavailable.
  •  
  • Application settings are temporarily discarded.
       e.g.) Firefox、Thunderbird
  •  
  • If you intentionally save your data file to C:\AppData, the data will be removed when you log off.
    (By default settings, C:\AppData is not a target folder of user data file)
* Regular Fix
 
Under consideration.
* Request to Users
Please do not save your data file to C:\AppData.

Web メール (Active!mail) の障害について Trouble of Web mail (Active!mail) system (2014.04.09)

4/9 17:40 頃から 20:50 頃の間、障害のため Web メールシステム が利用できませんでした。
ご迷惑をお掛けしましたことをお詫びいたします。

Because of system trouble of web mail system (Active!mail), it was unavailable during 17:40 to 20:50 April 9th.
We are sorry.


4 月度の定期保守について Maintenance (2014.04.04)

2014/04/20 (SUN) 09:00 - 17:00
影響/たたむ
  1. Web サーバ, CGI サーバ, Unix サーバ
      09:00 - 12:00 のうち、数分停止します。
  2. ライセンス管理サーバ
    10:30 - 12:00 のうち、30 分程度利用できません。
      ライセンス管理サーバ停止中は下記のアプリケーションが利用できません。
    • Vectorworks Fundamental
    • SPSS
    • Matlab
    • ArcGIS Desktop
    備考:
      学内サイトライセンスで、全学システム以外の PC へインストールしている SPSS、ArcView、Mathematica(Comprehensive 版) も上記作業時間は使用できません。
  3. 印刷機能、オンデマンド端末
      13:00 - 17:00 のうち、1 時間程度利用できません。
  4. リモートデスクトップサーバ
      09:00 - 12:00 の間、利用できません。
備考:
    作業開始時にリモートデスクトップをご利用中の場合、ポップアップメッセー ジにてログオフをお願いしますので、ご協力ください。 10 分程度経ってもログオフされていない場合は、システム側にてログオフし ますので、あらかじめご了承ください。
Impact/Fold
  1. Web servers ,cgi servers,Unix servers 9:00 - 12:00
    - Suspended for a few minutes between 9:00 and 12:00
  2. License management 10:30 - 12:00(approximately 30 minutes)
    • - Between 10:30 and 12:00, unavailable for approximately 30 minutes - The License Management Server will be suspended; therefore the applications below cannot be used:   
    • ・Vectorworks Fundamental
    •   
    • ・SPSS
    •   
    • ・Matlab
    •   
    • ・ArcGIS Desktop
      - Regarding the campus site license, the following applications installed on computers not belonging to the Zengaku Computer System will also be unavailable during this time: SPSS AMOS, Mathematica (Comprehensive Program) , ArcView
  3. Printing, On-demand terminals 13:00 - 17:00(approximately an hour) - Between 13:00 and 17:00, unavailable for approximately an hour
  4. Remote Desktop servers 9:00 - 12:00 - Unavailable between 9:00 and 12:00
Note :
    If you are using a remote desktop when the maintenance starts, a pop-up message will appear; please log off from there. (Please be aware that the system will log you off automatically in 10 minutes.)

復元用過去データの一部欠落について Missing Snapshots (2014.04.02)

3/29, 30 のディスク装置作業に関連して、復元用過去データ (スナップショッ ト) の一部が欠落していることが判明しました。 各ユーザが保有しているファイルへの影響はありません。

After the disk maintenance of 3/29 and 3/30, we found some snapshots were missing. User files are completely safe.

※スナップショットとは、一定時間ごとに自動で行われるユーザデータの バックアップのことで、誤って上書きしたり消したりしたデータを復元 するときに使うものです。

※'Snapshot' is a periodical backup which is used for recovery of a misoverwritten or misdeleted file.

http://www.u.tsukuba.ac.jp/icho13/snapshot.html


Microsoft Word での RTF の読み込みについて (2014.03.26)

Microsoft Word の脆弱性対応のための Quick Fix を適用します。これにより、正式なパッチが提供 されるまでの間、Word での RTF 読み込みができなくなります。WordPad 等をご利用ください。
Security Quick Fix for Microsoft Word will be applied, and the Word will not be able to open RTF (Rich Text Format) until a regular patch is supplied. Please use WordPad instead for a while.

Web メール(Active!mail) の障害について

2014/03/21 20:41 ~ 2014/03/23 17:00 の間、Web メールシステムに障害が発生し、サービスを 利用できない状態となっていました。

ご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。

Web mail system had a trouble and was unavailable from 2014/03/21 20:41 - 2014/03/23 17:00.

Sorry for the trouble.

全学計算機システム上での Dropbox 等の利用に関する注意(2013.08.30)

Dropbox 等のオンラインストレージ用のクライアントソフトは、管理者 権限がなくとも各自でインストールし、利用することが可能です。便利な 反面、注意すべき点があります。個人でインストールしたソフトウェアに 関しては、個人の責任で利用して下さい。

    主な注意点を次に挙げておきます。
  1. オンラインストレージの容量と全学計算機システムのホームの容量の 違いに注意しましょう。
    容量の違いによっては、同期がうまくいかず、結果として、ファイル の消失等の可能性もあります。
  2. オンラインストレージと全学計算機システムのホームディレクトリの 間の同期をする場合は、オンラインストレージのクライアントソフト を問題がないように設定してください。
    特に同期の仕方、同期するフォルダの指定などに注意しましょう。
  3. 個人でインストールしたオンラインストレージ用クライアントソフト に関するトラブルに対しては学術情報メディアセンターでは、対応を しません。個人の責任でお使い下さい。

Web メール(Active!Mail) でファイル添付ができない時がある (2013.05.22)

全学計算機システムで運用している Web メール(Active!Mail) でファイル添付ができない時があります。
これは Web ブラウザが Internet Explorer のバージョンが 10 (IE10) で確認されています。
現在の Active!Mail は IE10 に対応していないため、この現象が出ています。

IE10 をお使いの方(特にWindows8利用者) は、FireFox や Chrome といった別の Web ブラウザを使用してください。

Active!mail 利用時における不具合について (2013.05.01)

Active!mail を使用してメールを送信した場合、From となる @u のアドレスの先頭に XXX が入る不具合が起こることがあることがわかりました。

原因は、ユーザ ID を入れる際、全角モードで入力していることです。
ユーザ ID を入れる際は、半角モードになっていることを確認してください。

eラーニング教材「INFOSS情報倫理」の受講について (2013.05.01)

学生(学群生、大学院生)のみなさんへ

筑波大学では、情報セキュリティ教育の一環として、2011年度から自習用のeラーニング教材「INFOSS情報倫理」を導入しています。
新入生は、共通科目「情報」の授業等で受講の指導がありますので、必ず受講してください。また、それ以外の学生も在学中に 1度は受講して、ネットワーク社会で被害を受けたり、トラブルを起こさないために必要な知識、法律、マナー等を身に付けてください。
学習方法は、6章に分かれたテキストを読んだあとに5つの修了テストを受ける構成になっています。 各テストとも繰り返しの受講が可能ですので、100点を目指して何度でもチャレンジしてください。 受講状況は、学群長、学類長、専攻長等に報告される場合があります。

<受講方法>
続きを読む/たたむ
  1. Webブラウザのアドレスバーに次のURLを入力し(http://www.moodle.tsukuba.ac.jp)、 画面下部の「筑波大学Moodle」をクリックすると、本学のeラーニングシステムのログイン画面に移動します。
    統一認証ID(学生証裏記載のバーコード13桁の番号)とパスワードを入力し、ログインしてください。 大学サテライトのPCからはもちろん、自宅のPCから受講することも可能です。
  2. ログインに成功すると、マイページが表示されますので、マイコースの下(ページ下部)に表示される 「コースの検索」窓に“infoss”と入力し「GO」をクリックします。
  3. INFOSS情報倫理2013年度版として5コースが表示されますが、速習版を除く「日本語版」「日本語ふりがな付版」 「English Version」「中国語版」のいずれか一つを選んでください(学習内容は同じです)。 そして、選んだコース名をクリックし、登録します。
  4. 選択したコースがマイコースに表示されますので、コース名をクリックし、いよいよ学習のスタートです。 学習教材画面の左側にあるメニューから、学習したい章をクリックし、受講を開始してください。

卒業、修了、進学、退職予定者のデータ移行および、全学計算機システムの利用期限について(2010.01.05 02.19更新)

  • 全学計算機システムは大学に在籍している期間しか利用できません。卒業、修了後は利用することができな くなります。
  • 大学院などに進学する場合や、専攻が変った場合(学籍番号が変る場合)も、新しいアカウントとなるため、 旧アカウントでの利用はできなくなります。
    また、データの引き継ぎも自動的に行われません。
  • 教職員で退職する場合についても同様です。
  • 対策として、データのバックアップは卒業や修了前に必ず行って下さい。
  • メールについては、卒業,修了までに行った転送設定により、一定期間メールの転送を行いますが、 早めに新しい環境でのメールアドレスを周知するようにして下さい。 (なお、卒業後にメールの転送設定を行うことはできません。)
  • 卒業、修了者のアカウントの削除は予告なく行い、これ以降、メールの転送は行われません。

筑波大学で契約した利用可能なソフトウエア等について(2010.03.11)

筑波大学では、特別の割引で製品が購入できたり、対価なしでソフトウエアの利用が 可能となるようにライセンス契約を結んでいます。
これらの情報は次のWebページで提供しています。
ご活用ください。
情報システム研究開発部門 ソフトウエアライセンスについて

全学計算機システムメールマガジンについて(2009.10.09)

全学計算機システム(共通教育システム)のメンテナンスやトラブルなどの情報をお送りするための メールマガジンを発行しています。

購読を希望される方は、 こちら で登録を行ってください。